8日、新京報によると、国慶節の連休で韓国済州島を訪れる中国人が入国を拒否され、狭い部屋に“監禁”されるケースが相次いでいるという。

写真拡大

2016年10月8日、新京報によると、国慶節の連休で韓国済州島を訪れる中国人が入国を拒否され、狭い部屋に“監禁”されるケースが相次いでいるという。済州島を訪れた中国人観光客から同様の訴えが相次いでおり、その数は100人以上にのぼるとみられる。

【その他の写真】

南京市在住の張(ジャン)さんは、妻と共に4泊5日の済州島ツアーを申し込んだ。海外旅行の経験がなかったため、距離的に近くビザも免除される済州島を選んだ。しかし、6日午前に到着した現地の税関で、「宿泊予定のホテルの予約票を携帯していない」との理由でパスポートと帰国便の航空券を没収され、空港内の小部屋に押し込まれた。税関職員は張さんらに、帰国便を予約し直すか、帰国便の日まで空港で過ごすよう指示したという。

ハルビン市在住の馮(フォン)さんも、夫と共に6日に済州島に到着したが、税関を通過して預けた荷物が出てくるのを待っていた時に職員に呼び止められた。馮さん夫婦は中国の空港でたまたま同じ便に乗る3人が同郷だと知り、道中は5人で会話を楽しんでいた。職員は馮さん夫婦を別室に連れて行き、その3人について「知り合いか」と尋ねた。これに対して、馮さんは「知り合いではない」と答え、馮さんの夫は「中国の空港で知り合った」と答えたが、これを聞いた職員が「2人の話が一致しない」と判断、入国許可を取り消したという。

瀋陽から済州島を訪れ、同じように拘束されたある観光客によると、部屋での食事は自腹で、職員に注文すると持ってきてくれる。布団はなく雑魚寝状態で、部屋の外の廊下には出られるものの、その先には扉があり、鍵が閉められている。中国人観光客の出入りは激しいが、常に100人前後が拘束されている状態で、最も長い人は2日から6日まで5日間もそこにとどまり、帰国便を待っているという。

中国の総領事館の担当者は、「済州島は中国人に対してビザを免除しているが、入国事務に関しては韓国の内政。どのような人物に入国を許可するかは、韓国側が判断することになる。主に入国目的が重要で、旅行の証明が不十分だったり、移民が疑われたりする場合は入国を拒否されることがある」と説明。韓国側とこの問題について協議を行い、適切に処理するとしている。

済州島は中国人観光客が多く訪れる場所だが、旅行目的で入国して失踪する中国人が増加していることもあり、今年は中国人の入国を拒否する割合が14年比で約4倍になっているという。(翻訳・編集/北田)