「ポケモンGO」が自殺防止に一役買う? 自殺の名所にユーザーが殺到

写真拡大

7日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)で、アプリゲーム「ポケモンGO」が自殺防止に一役買っている、との噂を特集した。

番組では、自殺の名所としても有名な福井県坂井市の崖・東尋坊(とうじんぼう)に多くの人が昼夜問わず来訪している現状を話題にした。これは「ポケモンGO」の“レアポケモン”が現地に出現するとウワサが流れたためだとか。

VTRでは、夜の東尋坊に集まる多数の人々の様子が映され、スタッフがインタビューした。ふたりの若い男性はすでに10回以上東尋坊を訪れているといい、中年女性は「孫のために来ている。レベル上げると孫が喜ぶから」と答えていた。

こうした結果、「ポケモンGO」が自殺防止に一役買っているのではないか、というのだ。自殺防止パトロールを務める茂幸雄さんもそれを実感しているようで「あっちこっちにポケモンやっている人たちが巡回してくれているから」「人の姿を見て、考える時間があって、『(自殺は)ダメなんだ』と思い直す良い機会になるのでは」と分析していた。実際、「ポケモンGO」が配信されて以来、深夜に岩場で思い悩む人を見かけなくなったそうだ。

「ポケモンGO」については先月、全国初の死亡事故が起きたとして大々的に報じられたが、命を救うことにも一役買っているのかもしれない。

【関連記事】
堀江貴文氏 「ポケモンGO」を禁止する風潮を一刀両断「アホですね」
藤田ニコルがポケモンGOでのナンパ体験を語る「渋谷にいたらみんな仲間」
松本人志が「安倍マリオ」をバッサリ「演出としてはちょっとダメ」