加藤浩次が映画「怒り」の映像を見ながら隠語を連発

写真拡大

12日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、極楽とんぼ加藤浩次が映画の一部を見ながら隠語を連発する場面があった。

番組では、「クイズッス」のコーナーで映画「怒り」を取り上げた。その完成報告会見の中で、俳優の綾野剛妻夫木聡は並んで立ち、綾野は妻夫木と共演できて「本当に幸せでした」とモジモジしながら語った。綾野は妻夫木のことを「親族みたい」と身内のように慕っているらしく、テレビやCMで妻夫木を見かけると、画面に向かって手を振り「あー、さとくーん」と言っているらしい。綾野はトークを「すみません、イチャイチャするの止めます」と終わらせていた。

その様子を見ていたMCの加藤は、「綾野君が『ネコ』だね、これ」と同性愛者の中で女性役を示す隠語をボソリ。ところがその後、映画の中で綾野と妻夫木は男性同士のカップルという役だったことが明らかになる。

2人が絡み合う場面が放送されると、「天の声」こと南海キャンディーズ・山里亮太は「加藤さん、せいか…。いや加藤さん正解じゃない」「そんなクイズ出したんじゃない」とボケてみせた。そして映像を見た加藤は「正解だね。ブッキー(妻夫木)が『タチ』でさ」と、今度は男性役を示す隠語をうれしそうな声で語っていた。

【関連記事】
加藤浩次が石田純一氏の都知事選出馬会見に辛辣「中途半端な形になった」
綾野剛が一般人の反応でパニックに「ダメだ…今ので心が折れた」
妻夫木聡のマナー違反にほんこんが説教した過去「社会人としてどうやねん」