狩野英孝

写真拡大

14日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)で、お笑い芸人の狩野英孝が、タレントで恋人の加藤紗里から脅されたことを匂わせる一幕があった。

番組では、狩野と加藤、シンガーソングライターの川本真琴の三角関係を取り上げた。関係発覚の発端となる川本のツイートや、ふたりの交際が事務所公認であることなど、これまでの経緯が紹介された。そして、狩野はさえない表情を見せながらその真相を説明した。

そんな様子を見て司会の上沼恵美子は、「あんたは、紗里さんにビビッているもん。ビクビクビクビクしてるなんて、本当の恋じゃないわよ」と指摘する。狩野は、加藤をすごくいい人と前置きしたうえで、「テレビとか雑誌に勝手にポンポン出るのはやめてくれとお願いしたら、どうやらバックに大きい人がいてて…」と口ごもった。

これに対し、芸能レポーターの井上公造氏は「その大きい人に確認を取りましたけども、そういう事実はないです。面識がある程度」と断言した。狩野は本当に加藤を恐れていたようで、このコメントを聞くと少し安堵の表情を浮かべて頭を垂れた。

すると上沼は、「『私を振ったら芸能界から抹殺するっていう大物を、私はつかんでんのよ』言うて、脅迫されてんのやんか」と強い口調で狩野を叱責する。

畳み掛けるように上沼が「『消してやるわよ』なんて言う女性と、よう恋するな。それとも怖いんか?」と尋ねると、狩野は小さくうなづいたり、首をかしげたりと曖昧な反応を見せていた。

【関連記事】
加藤紗里 西川史子に薬物使用を疑われる「痩せてるじゃないですか」
設楽統 狩野英孝と加藤紗里に「底知れない恐怖」を感じたと明かす
室井佑月氏が狩野英孝の広い女性範囲を称賛「みんな見習ったら?」