澤穂希

写真拡大 (全4枚)

元サッカー女子日本代表の澤穂希さんが、6日の都内にて、通信教育『進研ゼミ+(プラス)』のPRイベントに登場。昨年末に現役を退いたばかり、また昨夏に結婚も経ていることから、環境の変化を話題にした。

年末年始の過ごし方について聞かれると「現役時代は、1週間近く休みがあっても、いつも(体の)状態を上げている必要があったので、ずーっと走りっぱなし。そのプレッシャーが初めて無くなったことに気づきました。なので、久しぶりにリラックスできました」と説明した。

家族が増えた正月を迎えて「はい、独身時代と違う正月でした」とコメント。表情が変わって「家族団らんが出来ましたし、いい正月を迎えました」と照れまくった。

今後について質問されると「まずは結婚生活を充実させたい」と答えた澤さん。生活する場所も変えて「今は別々ですが、主人がいる仙台に行きます」と明かした。

そして記者から、名前が「辻上穂希さんになったんですよね?」とマイクを向けられると、恥ずかしそうにうつむいて「はい」と答える場面も。「でも、やっぱり皆さんからは『澤さん』って声をかけられることが殆どです」と回答した。

去り際に「お子さんの予定は?」と声をかけられると「いずれ、そういう形になればいいかなと思います」と返した後に、うんざり顔。「いつもそっちのネタばかりですね」と顔なじみの記者に向かってツッコミを入れていた。

澤さんが出席したイベントでは、モデルの古畑星夏とともに、進研ゼミの「特別・赤ペンコーチ」に就任したことが告げられた。二人は今後、「学業とやりたいことを両立させていく」独自レッスンを担当する。

▼ 古畑星夏と澤穂希さん

2016年春「進研ゼミ+」スタート記念イベントより


▼ 澤穂希さん



▼ 古畑星夏



■関連リンク
進研ゼミ+「よく春″(よくばる)2016」 - キャンペーン案内サイト