【北京=比嘉清太】中国で台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の馬暁光(マーシャオグァン)報道官は15日の定例記者会見で、「台湾の前途は全中国人民が決定する」と述べた。中台関係の主導権はあくまでも中国にあるとの立場を強調し、過去最多得票で再選した台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統を対等な交渉相手として認めない構えとみられる。馬氏は、中台対話の中断は「(台湾の)民進党当局が『1992年合意』を