弟の治療費のため、極貧生活を強いられた中国の女子大学生、呉花燕(ウー・ファイェン)さんは1月13日午後、死亡した。24歳の呉さんは体重わずか21キロだった。中国メディアによると、呉さんは貴州省銅仁市の貧しい村の出身で、同省にある大学、「貴州盛華職業学院」に通う3年生だ。4歳の時に母親を、18歳の時に父親を亡くした後、祖母、そして叔父家族とともに生活していた。叔父から月300元(約4800円)の支援をもらっていたが、