MMD研究所は、「2019年9月スマートフォン決済に関する実態調査」の結果を発表しました。スマホ決済を普段の決済方法として利用している割合は、全体の16.4%でした。モバイルSuicaなどの非接触・タッチ式と、PayPayなどのQRコード式での利用頻度や利用金額の傾向に違いも見られます。「スマホ決済」利用率が最も高い