TVアニメ『ゆるゆり♪♪』、最終回を前にあかりをおもてなし!? 「ゆるゆり39Fes. 七森中☆感謝祭」でごらく部がトークライブ

写真拡大

2012年7月より放送開始となり、ついに最終回を迎えたTVアニメ『ゆるゆり♪♪』のメインキャスト陣で結成する「七森中☆ごらく部」が、2012年9月16日、東京・秋葉原で開催された「ゆるゆり39Fes. 七森中☆感謝祭」のステージに登場した。

TVアニメ『ゆるゆり♪♪』の原作が連載されている「コミック百合姫」の発行元である一迅社が主催する本イベントは、2012年9月15日と16日の2日間にわたって、秋葉原UDXのAKIBA_ SQUAREにて開催されたが、七森中☆ごらく部が登場したのは2日目となる9月16日の特設ステージ。

「七森中☆ごらく部 トークライブ」と銘打たれた本ステージは、1日3回公演となっており、3回目のステージはニコニコ生放送での配信も行われた。

ステージの基本構成は各回ともに同じ。

ここでは全3回の様子をダイジェストで紹介していこう。

「ほんとに、ほんとに、ほんとに、ほんとに、あかりは主役だもん」というサブタイトルがつけられた今回のステージだが、第1回は歳納京子役の大坪由佳、第2回は船見結衣役の津田美波、第3回は吉川ちなつ役の大久保瑠美がメインMCを担当し、赤座あかり役の三上枝織はスペシャルゲストとして登場。

三上のみに豪華クッション&特製ストローが用意されるなど、最終回の放送を目前にした、まさかの”おもてなし”イベントとなった。

満員の観客から大きな歓声を受けながらの最初のコーナーは「アニメ2期のシーンを振り返って」。

各回ともにメンバーそれぞれの印象に残るシーンが挙げられたが、ここではそのいくつかを紹介しよう。

■第1話「あかりを京子たちと取り合うシーン」(イベント1回目)「いつもの結衣ちゃんではないテンションで演じるのが大変だった」という津田。

なお、大久保はあかりのことを結衣、大坪はあかりのことをミラクるんだと思って演じたという。

ちなみに第2回のイベントで三上が第1話の「ごらく部の3人があかりの手を取り合うシーン」を挙げたところ、「そんなシーンあったっけ?」(大坪)。

■第5話「扇風機のシーン」(イベント3回目)大坪演じる京子がちなつの家で扇風機に向かって声を出すシーン。

テストのときに頑張って「あ゛〜っ」という声を作っていた大坪だが、本番の際は実際に小型の扇風機が用意され、別録りの収録だったというエピソードが披露された。

物を食べるシーンでも実際にお菓子を口にほおばっての収録だったとのことで、「こっちは何も言ってないのに、(大坪が)『仕事だから仕方ないよね♪』って(笑)」(津田)。

なお、今回のイベントが最終回の放送直前だったということで、最終回についても少し触れられたが、2回目のイベントでMCの津田が「東京では最終回……」と言った瞬間、津田に対して「なんでなの、みーちゃん」と三上が言ったのをきっかけに、それぞれの呼び名についてのトークが繰り広げられた。

「みーちゃんと呼ぶのは家族だけなので、(みーちゃんと呼ばれると)恥ずかしくなってくる」という津田に対し、”ゆかちん”と呼ばれだしてから、家ではなぜか”ちん”と呼ばれるようになったという大坪。

ちなみに大坪の兄は大坪のことを「バウムさん」と呼ぶらしい……。

続いてのコーナーは「\アッカリ〜ン/タイム」ということで、三上が原作コミックスから選らんだ好きなシーンをごらく部4人で生朗読。

1回目のイベントではコミックス7巻より「わぁいうすしお、あかりうすしお大好き」、2回目のイベントではコミックス2巻より「あかりを主人公っぽくしようと考えるシーン」、そして3回目のイベントではコミックス9巻より「あかりが○○に挑戦したシーン」がチョイスされた。三上の独断で選ばれたこともあり、シーンによっては出番のないメンバーも(特に1回目のシーンはあかりしか登場しない)。