42歳で発覚した乳がんがきっかけで夫がブチギレる事態に…。あまりにツラくて助けを求めたのは
 2016年、42歳のクリスマスイブに突如乳がん宣告。(ステージB)。晴天の霹靂だった「がん宣告」から約1年間、泣いたり笑ったり怒涛の日々を駆け抜けた、私のがん治療ドキュメンタリーを連載でお届けしています。
 今回は、抗がん剤治療中にフラメンコの発表会に出るという目標を達成し、残りの抗がん剤治療に臨むエピソードです。

※医師や看護師の発言は筆者の病状等を踏まえてのものであり、すべての患者さんに当てはまるものではありません。また、薬の副作用には個人差があります。

◆超ビビりな私、副作用を調べては恐れおののく

 乳がん宣告を受けたときから「フラメンコの発表会に出たい」と思い続け、ついにそれを達成したわたし。その達成感に浸る間もなく、抗がん剤治療は続きます。

 わたしが受けたのは「AC療法」と「パクリタキセル療法」という治療。初発乳がん治療ではよく使われる抗がん剤です。

「AC療法」は、3週間ごとに1回で1サイクル、計4回の点滴治療。それに続く「パクリタキセル療法」は、週1回×12回の治療です。どちらもそれぞれ3か月ほどかかるので、抗がん剤治療全体でみると約半年間の治療となります。

 フラメンコの発表会を終えたタイミングで1つめの「AC療法」を終え、これから2つめの抗がん剤「パクリタキセル療法」に入ります。

 今度は気持ち悪いなどの副作用はあまりないようだけれど、打つたびにじわじわ「しびれ」が増す副作用があるとのこと。それはそれで怖い。調べないほうが良いと分かりつつも気になってしまいます。

 副作用を調べると、しびれが出るとなかなか治らず、治療が終わってもしびれが消えないという話や、手足のしびれで「ペットボトルの蓋が開けられない」なんて話も読んでしまい、打つ前に何度も担当医の先生に「しびれて生活できなくなったらどうしよう」と不安を訴えました。

 何ごとも超ビビリなわたし、ひとつひとつが大変です。担当の先生はわたしの不安に理解を示してくれ「抗がん剤に不安があるのは当たり前。心配なことはなんでも話してくれていいですよ」と言ってくれました。

 なんだかんだこわい怖いといいながら一回目投与。こんな恐怖と共に毎週点滴だなんて憂鬱だなぁと思いながら治療をスタートさせました。

◆がんを機に直面した“もう一つの問題”

 そして、フラメンコの発表会まで気を張っていた糸がプツンと切れたのか、気分が落ち込むことも増えてきました。

 実は当時、夫婦関係に悩んでおり、そのことにも正面から向き合うべき出来事がありました。

 わたしは割と社交的な性格ですが、もともと人の顔色をうかがってしまう性格で、結婚当初から無口な夫が何を考えているのかはかりかねることが多かったのです。

 家事が苦手なわたしの劣等感や子育てへの価値観の違いなど、結婚後からじわじわと溝ができていた夫婦関係。「きちんとしなければ」という気持ちがあるのにルーズな自分の性格を責めてしまい、罪悪感で息が詰まるような気持ちになることもありました。

 言いたいことを飲み込んでしまうことも多く、思い切って伝えれば伝えたでケンカになって平行線。口を開けばケンカになるので、ここ数年はお互いにあまりケンカに発展するようなことは話題に出さないようにしていました。

 なんとか夫婦関係を改善したいと、いろんな本を読んだり、自分のことについて勉強したり、心理学の本を読んでみたりと自分なりに努力していましたが、そこは相手のある話。さっぱりうまくいきませんでした。

 そしてまったく科学的根拠はありませんが、わたしの感覚の中で、そんな結婚生活のストレスも今回の病気につながったのではないかと考えるようになりました。