ジャージーリラックス アンクルパンツ(ユニクロ)1990円

写真拡大

―[MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

◆78/108 ジャージーリラックス アンクルパンツ(ユニクロ)1990円

 外出自粛、リモートワークを余儀なくされている今、アパレルのトレンドも「家でもできるおしゃれ」「リラックスウェア」にシフトしつつあります。特に欧州ではロックダウンが何度も実施されており、日本よりもさらにその傾向が強い。パリやミラノのコレクションも’21年からは「着心地のいい素材」「リラックスシルエット」「部屋着でも外出着でも使える」といった要素が多い。これは「流行」となって今後、数年継続すると見ています。

 さて、そんななか、我らがユニクロもリラックスウェアを昨年あたりから強化して展開しています。上下揃いのルームウェアや短パンなどが人気ですが、新しくリリースされたのが「ジャージーリラックスアンクルパンツ」の新素材。パッと見た印象はデニムですが、実はスウェットのような柔らかい素材。色落ちもほとんどなく、寝間着としても超優秀です。

 ユニクロはこれをワンマイルウェアとして提案しています。ワンマイルとは1.6劼曚鼻△弔泙蝓峅箸ら1.6km範囲くらいまでは外出できる服」という意味。デートまでは対応できないけど、「ちょっとそこまで」なら十分おしゃれができるという意図です。

「パジャマに見えない」というだけでなく、シルエットにもこだわっており、裾に向けてグッと細く、スタイリッシュにして脚長効果もあります。ツルッと光沢感を感じるようなデニム風素材でスニーカーやTシャツに合わせてもさほどだらしない印象になりません。

◆デニム風素材が今年のイチオシ

 以前はこのシリーズ、無地のチノ風素材だけで展開されていましたが、このデニム風素材が今年のイチオシ。部屋着に見えてしまうドローコードなども内側に配置されているなど細かい部分まで隙のないデザインになっています。

 また、リラックスウェアだけでなく、ここ数年で徐々にデニムトレンド復活の兆しが見えます。一時期は見放されていたように売り上げが激減していたリーバイスも最近は復調。デニム素材のワンマイルウェアという次世代のトレンドを2つ詰め込んで1990円。ユニクロの開発力には驚くばかり。今のうちに押さえておくことをおすすめしますよ。

商品、衣装/すべて私物 撮影/山川修一(商品) 岡戸雅樹(人物)

―[MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]― 【MB】
ファッションバイヤー。最新刊『最速でおしゃれに見せる方法 』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』ほか関連書籍が累計100万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超! (Twitterアカウント:@MBKnowerMag)