2021年1月16日。ジャニーズ事務所は公式サイトに“ジャニーズJr.制度改定に関するご報告”なる文書を掲出しました。

【写真】この記事の写真を見る(14枚)

 本文書の肝は「満22歳到達後の最初の3月31日までに、ジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動としては同日をもちまして終了とさせていただく」(2023年3月31日より適用)というもので、ジャニーズJr.に“22歳定年制”が導入されるということで世間の耳目を集めています。


滝沢秀明 ©時事通信社

 これまでジャニーズは、シンデレラボーイたちが集う“約束のないネバーランド”のようなものでした。その王国に導入される定年制は、さしずめ魔法が解ける“12時の鐘”でしょう。

ふわっとした「Jr.」という仕組み

 文書のタイトルには「ジャニーズJr.制度」とありますが、ジャニーズJr.という組織はそもそも「制度」というほどカチッとしたものはありませんでした。

 ジャニーズJr.に入るケースとして多いのは、本人や周囲が事務所に写真と履歴書を送り、数日後か、1カ月後か、あるいは1年後か、それぞれのタイミングで事務所から声がかかり、オーディションを受ける、もしくはレッスンに通うようになって、なんとなく“ジャニーズ人生”が始まる……というもの。

 他にも、バラエティー番組「Ya-Ya-yah」(テレビ東京系)の公開オーディションに合格した山田涼介さん(27・Hey! Say! JUMP)や、渋谷のスクランブル交差点でジャニー喜多川さん(前社長)に直接声をかけられた東山紀之さん(54)のようなケースもあります。

 

 

 

 

Jr.の将来は全く約束されていない

 しかしジャニーズJr.になれたとしても、将来はまったく約束されていません。まずは次のレッスンに呼ばれること、スタッフの目に留まること、前に出ることが求められます。そしてユニットを組み、オリジナル曲をもらい、ライブを行い、ひとつずつ目標をクリアしながら“CDデビュー”を目指すのが王道です。

 この“CDデビュー”こそが、ジャニーズ事務所の中で一人前のタレントとJr.を分けるものです。だからこそ“CDデビュー”は勲章としてジャニーズJr.たちを奮い立たせると同時に、呪いとして彼らを縛りもするのです。

 近年では俳優として活躍する生田斗真さん(36)や風間俊介さん(37)ら、“CDデビュー”以外のルートで確固たるポジションを築いた先輩も増え、進路の選択肢は増えましたが、今でもジャニーズにおける“CDデビュー”の重要さは小さくなっていません。

 

 今回定年制が導入された22歳という年齢は、一般的に四年制大学を卒業するのと同じ年齢です。ジャニーズで働くことの意味、ひいては自分の人生と真剣に向き合うのにはちょうどいいタイミングでしょう。

 ジャニーズでのキャリアに区切りをつけ、新たな道に踏み出すのもまた人生。

 元ジャニーズJr.内ユニット「Love-tune」は、ジャニーズを離れたのちも同じメンバーで「7ORDER」としてグループ活動を続け、メジャーデビューを叶えました。

 さらに「PRODUCE 101 JAPAN」オーディションを経て「JO1」として大活躍中の白岩瑠姫さん(23)も、元ジャニーズJr.です。

 彼らのようにジャニーズとは別の形でアイドル道を進む人もいれば、芸能から距離を置いた人もいます。

元Jr.にとって「あの日々」はどんな体験か

 そんな1人、かつてジャニーズJr.として活躍した30代のAさんに話を聞くことができました。華やかな世界で過ごした経験を後になって振り返った時、“ジャニーズJr.として過ごした日々”はどんなものなのでしょうか。

--Aさんは自らの意志で事務所を離れ、新しい道に進まれたそうですね。今現在はどんな風に生活されているんですか?

「今は会社員として働いています」

--ジャニーズJr.として活動していた当時、ジャニーズとはどんな契約形態だったのでしょう?

「私の在籍当時は、ジャニーズJr.に書面上での契約は存在していませんでした」

--在籍中、“CDデビュー”というものをどのようにとらえていましたか?

「誰もが自然と目指している目標でした。私も漠然とではありますが、目指しておりました」

--事務所を離れたあとに、元ジャニーズであることを明らかにしたい方、隠したい方など、さまざまなケースがあると思いますが、Aさんの場合はいかがでしょう。

「自主退所か否か、退所のタイミングや年齢、目指す業界によって違ってくると思いますが、私自身はジャニーズを離れてしばらく“元Jr.”と見られることを嬉しく思ってはいませんでした。やはり、先入観やバイアスがある状態で見られてしまうからです。

 しかし、それも時間の解決や精神的な成長により納得することができました。今ではジャニーズ時代の活動経験はかけがえのない財産だと思えるようになり、私の個性であり誇りだと感じています」

--ジャニーズJr.として活動したことのメリット、デメリットがあれば教えてください。

「メリットは、ほとんどの人が体験できない貴重な経験ができること。また、子どもながらにプロの大人たちに囲まれて仕事をするのは大きな社会勉強になりました。デメリットは、私にとっては特になかったと思います」

「定年制の導入には賛成です」

--今回、「ジャニーズJr.の22歳定年制」が発表されましたが、どう感じましたか?

「定年制の導入には賛成です。そうですね、もっと早くからあるべきだったのかもしれません。

 芸能界で生きていくには、時代や業界の潮流、事務所の方針、自身の立ち位置や適性を冷静に判断する力が必要です。22歳にもなればそれらの能力はある程度備わっていないといけませんし、自己判断が難しければ事務所が判断するでしょう。そのタイミングとして22歳というのは適切だと思います。

 芸能活動をずっと続けていくのならジャニーズでの経験は活きますが、最終的に他の道を選ぶならば、早く見切りをつけた方が成功の可能性が高くなります。

 活動に行き詰まったJr.が不祥事を起こしたりしてネガティブな話題になることも散見されるので、事務所としてはリスクヘッジの意味合いが強い対応に見えるかもしれませんが、早めに新しい道を歩きはじめる機会を与えるという意味では、ある意味で“愛”だとも思います」

--現在、ジャニーズJr.は約200名ほどいると言われています。活発に活動している方もいれば、なかなか波に乗れず伸び悩んでいる方もいますよね。

「ジャニーズ事務所に身を置くのは、キャリアのギャンブル性が非常に高いですよね……。運や才能の要素も大きいですが、それ以上に“上役”に気に入られるかどうかが重要だと私は感じていました。積極的に人間関係を作れず、受動的にレッスンや仕事をしているだけでは生き残れない世界だと思います。

 在籍歴が長いのに波に乗れないのであれば、自身の売り込み方を検討する必要がありますし、試行錯誤しても状況が変わらないのであれば、引き際も考えるべきだと思います。厳しい言い方ですが……」

--ジャニーズJr.を卒業して新しい道を選ぶ方に、「これをやっておくといいよ」というアドバイスがありましたらぜひお願いします。

「偉そうに言えることではありませんが、どんな人脈も大切にした方がいいと思います。誰しも1人では生きていけないので、困ったときは人を頼り、そのぶん自身も人に尽くす。持ちつ持たれつ、決して驕ることなかれ、です!」

 Aさんが話してくれた“上役に気に入られるか”というのは一見理不尽なようでもありますが、言い換えれば“いかに自分のために動いてくれる味方を増やすか”ということであり、さらに言えば“自分のファンになってもらえるか”ということでしょう。

「あいつは気に入られている」とすねる暇があったら、自分のアピールポイントを磨いて相手を振り向かせる気概が必要なのは芸能界に限りません。

ジャニーズ事務所も変わる必要がある

 ただし「22歳定年制」を導入するにあたって、本人の自覚や自己研鑽といった“ジャニーズJr.側の問題”のほかに、ジャッジする“事務所側の透明化”も必要ではないかと思います。

 現状、ジャニーズJr.がCDデビューに至るための明確な基準は示されていません。これまではジャニーさんという審美の天才がピックアップする少年を見極め、時には“一度落ちた人”さえ掬い上げて絶妙な人選を実現してきました。

 しかしこれからは、その天才的な審美眼に頼ることはできません。ジャニーさんだからこそ成立していた「ユー、やっちゃいなよ!」的なファンタジックな“運ゲー”ジャッジは減少し、今後は「このテストに合格すれば次のステップに進める」というわかりやすいデビューへの道筋も必要ではないでしょうか。

 そうでなければ、勝利条件が見えない苦しさに少年たちの心が蝕まれる可能性さえ否定できません。

 現在、ジャニーさんの遺志を継いだ滝沢秀明さんがジャニーズJr.の育成に力を注いでおり、ジャニーズJr.の公式エンタメサイト「ISLAND TV」等で、メディア露出の少ないジャニーズJr.にアピールの場を与えています。

 ジャニーズJr.を日々見守る楽しさが増えれば、ファンとしても「なぜ彼はデビューできないのか?」、「どうすればデビューできるのか?」に気が向くようになると思います。

 そうなればプロ野球のドラフト会議のように、22歳にこだわらずとも「18歳までに合格できなければ諦めよう」など、進路の仕切り直しもしやすくなります。

 導入される“22歳定年制”では、2023年3月31日の時点で22歳以上のすべてのジャニーズJr.が活動終了となるわけではなく「上記適用開始日に22才以上のメンバーが所属するグループ及び一部の個人につきましては、すでにジャニーズJr.としての活動継続について弊社と合意させていただいております」との記載もあります。

 つまり、事務所との合意が成立すれば、22歳以降もジャニーズJr.として活動できるということです。とはいえ立ち位置はよりシビアなものになるのでしょうし、活動継続か退所かという判断をするうえでも、デビューまでの道筋は具体的に見えている方が納得感が高まると思います。

 同時に、ひとりの男性としての人生、結婚や子供の存在とどう向き合うか、そのときファンに対してどんな態度を示すべきか? ということも考える必要があります。ジャニーズとして生きるなら、恋愛も、結婚も、子供を持つことも、自分の思いどおりにはいかない場合があるからです。

「Eternalなんだよ結局は」

 先日、二宮和也さん(37)のお子さんが春に生まれる予定だという報道が出たタイミングで、元ジャニーズの赤西仁さん(36)が「だから結果ファンと仁とのEternalなんだよ結局は。」とツイートして話題になりました。

 これは赤西さんが黒木メイサさん(32)との結婚を発表した時に「2ちゃんねる」に投稿された文章が元ネタになっていますが(説明すると長いので検索してください)、私はこのツイートを、「プライベートで何があろうと、アイドルとファンの絆は揺るがない」というスタンスを示した美的な最適解ととらえました。そしてまた、父となる方へのエールなのかもしれません。

 アイドルとして精進することと、プライベートを含めた人生設計を同時進行で考えていく必要があるのです。

「眩い世界なので、自分を見失いがちなんですよね……続けられている方々はちゃんと自分を持っていたからこそだと思うので、尊敬しております!」

 前出の元ジャニーズJr.のAさんは、現在事務所に所属している人たちについてそう話してくれました。

 22歳をきっかけに、ジャニーズという“竜宮城”から現世へ帰るジャニーズJr.たちもこれから増えることでしょう。玉手箱を開けてもほがらかに笑い続けられることを、願ってやみません。

(みきーる/Webオリジナル(特集班))