音楽プロデューサーの秋元康氏

写真拡大

 音楽プロデューサーの秋元康氏(62)が、11日放送のNHK―FM「今日は一日“乃木坂46”三昧」後半(後7・20)に電話出演。プロデュースを手掛ける女性アイドルグループ「乃木坂46」について語った。

 AKBグループをはじめ、乃木坂だけでなく櫻坂46、日向坂46といった坂道グループの生みの親でもある秋元氏。基本システムとしては、CDをリリースする際に表題曲を歌うメンバーが選抜される。

 秋元氏は乃木坂の選抜メンバーについて「どういうポジションとか誰をセンターというのは、昔は僕がかなり意見を言ってました」と説明。しかし、現在は「全部を見られるわけじゃないので、現場のマネジャーであるとかスタッフから『こういうポジションでどうでしょう?』っていう提案で、僕が『いいんじゃないですか?』っていう形が多い」と明かした。

 もちろん、選抜組がいる一方で選ばれなかったメンバーも。秋元氏は「ポジションでも『なんで選抜になれないんだろう』とか『なんでこうなんだろう』っていうのがあると思うんですけど、でもきっとそれは(オーディションで)選んでくれた人が思った何かが足りてないんじゃないかなって気がする」という。

 秋元氏が選抜を決めていた際は「選抜会議みたいなのをやった時に(あるメンバーを)推すマネジャーだったり『○○が明るくて』『○○がチームをまとめてるんですよ』とか、そういうプレゼンテーションがあったんですよ」と告白。「それがファンの皆さんと同じ気持ち。『なんで自分の推しの子が選抜に入らないんだろう。ポジションが悪いんだろう』って一生懸命応援してくれる。そばで見てる人もそうだと思うんですよね」と語った。

 さらに、悩んでいるメンバーたちへの思いにも言及。「もし、そういうこと(ポジションや選抜)で悩んでいる後輩がいたら言ってほしいのが『自分を出した方がいいよ。“○○みたいになる”“○○の真似をする”っていうのは何もないよ』と」と、言い「僕たちの仕事は正解がないから。正解がないものをみんなでやってる。(他人の真似が)正解だと思って同じようなキャラクターを作っていくと結局は“one of them”になってしまう」と持論を展開した。 秋元氏から“金言”を授かった乃木坂メンバーたち。出演していた2代目キャプテンの秋元真夏(27)や齋藤飛鳥(22)、梅澤美波(22)らは選抜の決定法に「えー!そうなんだ!」などと驚き、普段は聞くことのできない内容に「貴重だ」と喜んでいた。