「新型コロナウイルスの死亡率低下」レムデシビル開発元が発表

ざっくり言うと

  • 新型コロナウイルスの治療薬として使われている「レムデシビル」
  • 開発元のギリアド・サイエンシズがこれまでの臨床試験の結果を発表
  • 投与した患者の14日目の死亡率は7.6%で、未投与の場合は12.5%だったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x