「対中姿勢」で揺れる自民党 「親中」が続けば米国がはしごを外す?

ざっくり言うと

  • 香港への国家安全維持法施行などをめぐり、米中の対立が激化している
  • 一方、日本では自民党内で「対中姿勢」が揺れている状況
  • 「親中」を続けるなら米国がはしごを外す可能性もあると大学教授は指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x