「世界一きれいな空気」米が南極大陸周辺の南氷洋上空で発見

ざっくり言うと

  • 米研究チームは南極大陸周辺の南氷洋上空で大気に関する初の調査を実施した
  • その結果、気候変動が進む中で「世界一きれいな空気」が見つかったと発表
  • 人間の活動によって発生する粒子状物質が存在しない大気の領域だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x