神奈川県と理研が新型コロナ検出で新技術を開発 時間を大幅に短縮

ざっくり言うと

  • 神奈川県と理研は27日、新型コロナ検出を巡る新技術を開発したと発表した
  • 従来1〜2時間かかっていた検出の時間を、10〜30分程度に短縮できるという
  • 県は実用化に向け、国に対し早急な認可を求めていく方針とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x