韓国でも新型コロナウイルスの拡散が大問題となっている。2月23日には、文在寅大統領が「コロナ19(新型コロナ)政府対策会議」を開催し、国家の危機警報を最高段階の「深刻」へ格上げした。

【画像】信者が密集する「新天地イエス教」内の集会の様子

「コロナ19の事態が重大な分水嶺を迎えた。『新天地』内の大規模な集団感染が起きる以前と以後とは、全く別の状況になった」

 この文大統領の言葉どおり、韓国内のコロナ拡散状況は、新興宗教団体「新天地イエス教証しの幕屋聖殿」(以下「新天地」)の集団感染が発生したことで、政府の統制も利かない事態となった。


「新天地イエス教」総会長の李萬煕氏(教団ホームページより)

感染者が病院を抜け出し、教会へ

 新天地での集団感染が発覚したのは、次のような経緯からだった。

 2月18日、韓国疾病本部は韓国の南東部に位置した大都市の大邱(テグ)で31番目の感染者が発生したと発表した。発表によると、感染がわかったAさん(61)は2月6日に交通事故に遭って近くの病院に入院し、10日から発熱。医師は新型コロナの検査を勧めたが、海外渡航歴がなかったAさんはこれを断ったという。

 その後、Aさんは入院していた病院を抜け出して、2月9日と16日に新天地大邱教会の礼拝に出席。さらに、15日には大邱市内のホテルで食事をするなど、大邱市内を歩き回った。そして17日、高熱が続いたためコロナ検査を受けて感染が確定し、国指定医療院に入院隔離された。

 このAさんの動線を確認した疾病本部が、Aさんとの接触者を中心に検査を行うと、19日から確定者が急増し始めた。

 19日の1日だけで、新たに20人の感染者が発生したが、このうちの14人が新天地大邱教会でAさんと一緒に礼拝を行っていた信徒たちだった。

 その後も全国の新天地教会の信徒たちの感染が続々と確認され、25日午前9時現在、韓国の感染者893人のうち、半数以上が「新天地」の信徒らとその家族などの関係者だった。

「異端」とされる新興宗教

 今回問題となった「新天地」は、1984年に李萬煕(イ・マンヒ)氏によって始まった新興宗教だ。本部はソウル近郊のベッドタウンである京畿道果川(カチョン)にある。聖書に登場するイスラエルの12支派を真似て韓国全域に12の本部教会を設立し、韓国(72カ所)を含めて全世界に108カ所の教会と、509カ所の宣教センターを備える大規模な宗教集団だ。新天地の発表によれば、信徒数は25万3000人いるとされている。

 韓国のキリスト教団によれば、「新天地」では李総会長を「永生不死の再臨イエス」と崇拝し、「総会長に従えば死後、天国に入ることができる」と教える。世界終末の時には、14万4000人だけが天国に行けるとされ、信徒たちは14万4000人の1人となれるように積極的に活動することが求められる。新天地はキリスト教を標榜しているが、他の韓国のキリスト教団からは「異端」と規定されている。

 これまで問題になってきたのが、新天地の攻撃的な宣教方法だ。新天地の信徒たちは身分を隠して他のキリスト教の一般教会に潜入し、その教会の信者の抱き込みを狙って活動する。たとえば、牧師の不正を生み出して教会から牧師を追い出し、新天地の牧師を新たに招聘して教会を丸ごと飲み込む――などの手法だ。

 新天地は、信徒を徹底的に管理することでも知られる。礼拝を行う際には、指紋認証やQRコード認証を使って、出席をチェックする。病気になっても礼拝を欠かしてはならず、地方に出張したり旅行に出かけたりしていても、出先の新天地教会で礼拝を行うことを義務付けている。

 ちなみに、先述の感染者Aさんが病院を抜け出して礼拝に参加した大邱教会は、李総会長の故郷・慶尚北道の清道(チョンド)と近いため、全国から多くの信徒が集まることで知られる。その結果、Aさんと同じ日に礼拝を行った全国の信徒が各地の教会に戻ったことで、新型コロナが韓国全域に急激に広がりはじめた。

家族や友人にも信仰を隠す信徒たち

 韓国の防疫当局は、新天地信徒の調査に力を入れている。新天地大邱教会から9300人あまりの信徒リストを受け取り、600人を超える警察官を動員して彼らの行方を追っている。また、全国の新天地教会に、大邱教会を訪問した信徒の名簿を要請しているが、新天地側は非協力的だ。韓国社会で「異端」とされる新天地の信者は、家族や親しい友人に新天地の信徒であることを徹底的に隠しているため、その把握は困難を極めている。

 一方、韓国内で新型コロナによる初の死亡者が発生した慶尚北道清道の病院でも、新天地の信徒による感染が疑われている。この病院では、1月31日から2日間にわたって李総会長の兄の葬儀が行われ、多数の信徒が参列したとの報道もある。李総会長の故郷・清道が新天地の聖地であるため、多くの信徒がこの病院でボランティア活動をしていたとも報じられている。

 この病院では現在、患者や医療関係者113人が感染し、うち6人が死亡している。感染者の大部分、113人中110人は5階の閉鎖精神病棟で感染し、重症者も多く、「韓国版ダイヤモンド・プリンセス号」とまで呼ばれている。

「他の教会に潜入して新型コロナを拡散させろ」

 いま、韓国社会では「新天地恐怖症」が起きている。

 新天地の主要拠点があるソウル市と京畿道を筆頭とする各自治体首長は、新天地教会の閉鎖を命令し、礼拝の自粛を促した。しかし、新天地側は礼拝堂を閉鎖すると公表する一方で、信者たちには「礼拝堂は閉鎖するので、2人1組で活動せよ」と告知。その事実が報じられると、韓国国内は大騒ぎとなった。

 さらに、韓国中の教会をパニックに陥らせたのが、マスコミによって暴露された次の信者内のSNSのグループトークへの書き込みだ。

「既存の一般教会の礼拝に潜入して新型コロナを拡散させ、伝染が新天地だけの問題ではないことを知らせよう」

 韓国国民の約20%がプロテスタント、約8%がカトリックとされる。23日からは、キリスト教系の各教会が礼拝を中断し始めた。

 新天地教会の位置を知らせるアプリも人気を集めている。新天地教会の近くに行けば、アラームが鳴り、教会の正確な位置を知らせるアプリだ。

 23日には、新天地の強制閉鎖を求める請願が大統領府の掲示板に掲載され、1日で30万人以上の同意を得ている。

「自分たちは最大の被害者だ」

 現在、韓国当局が最も心配しているのは、感染者Aさんが2次感染者であること、そしてAさんと同じ時期にコロナ症状が発生した信徒が多数あるという点だ。

 つまり、Aさんを始めとした新天地の感染者は、中国から入ってきた1次感染者と接触後、感染したと推測されているが、新天地側の非協力的な態度もあって、肝心な1次感染者の追跡調査が極めて難航しているのだ。

 批判が急増する中、新天地は2月23日午後、YouTubeで緊急声明を発表した。新天地側は、政府に最大限協力するとしながらも、「自分たちは最大の被害者だ」と主張。大邱教会の信者リストを当局に渡したことは明らかにしたものの、その他の地域の信者のリストを提供するかどうかについては言及しなかった。新天地側が信徒リストを全面公開することを発表したのは25日になってからだ。

 さらに新天地側は、教会と付属機関などの1100カ所の宗教施設をすべて防疫したとし、施設のリストと住所をホームページに公開した。しかし、一部地域では、これまで知られている新天地関連施設の数と新天地側が今回発表した数が異なっており、政府が追加で調査することになった。

 韓国の宗教学者は、新天地の教義と閉鎖性が、当局の防疫に大きな障害要因になっているとして、次のように指摘している。

「新天地は『新しい世界が開くと現在の肉身を脱いで新しい肉身に着替えられる』と信じているため、信徒たちは現在の肉身の健康に対して無関心だ。新型コロナのような伝染病にかかっても、これまでと変わりなく礼拝に出席し、布教活動を続けるため、感染拡散に歯止めがかかりにくい」

 さらに宗教学者らは、新天地が一般教会に信徒を抱き込むために韓国全土に派遣する「刈り入れ屋」と呼ばれる“スパイ”のリストを、政府当局が入手する重要性を指摘している。ただ、彼らの活動は教団の極秘事項であるため、入手は難しいだろう。

 韓国で最も閉鎖的な宗教集団である新天地が新型コロナの温床になってしまった今回の事態。予断を許さない状況が続いている。

(李 正宣/週刊文春デジタル)