兵庫県小野市立中の陸上競技部の女子生徒が、昨年11月の合宿中に顧問の40代男性教諭からわいせつ被害を受けたとされる問題で、県教育委員会は14日、行方が分からないまま40日以上にわたり、無断欠勤を続けているこの教諭を懲戒免職処分とした。

 県教委によると、教諭は昨年11月10日未明、部活の強化合宿のため訪れた宿泊施設で飲酒後、女子生徒数人が寝ていた部屋に侵入。うち一人にわいせつ行為をしたとされる。

 教諭は同日朝に車で施設を出たまま行方が分からなくなり、女子生徒は県警に被害を相談した。県警は強制わいせつ容疑で教諭の逮捕状を取り、行方を捜査している。

 県教委は教諭本人から事情を聴くことはできていないが、複数の生徒の証言などをもとにわいせつ行為があったと認定し、処分を決めた。県教委の担当者は「早く現れて謝罪してもらいたい」と呼びかけている。