世界最高齢とみられていたタンザニアのクロサイ 57歳で死ぬ

ざっくり言うと

  • タンザニアで27日、世界最高齢とみられていたクロサイが57歳で死んだ
  • 自然死とされ、保護区は「世界のどのサイよりも長生きした」とコメント
  • 野生での寿命は推計37〜43歳だが、飼育の場合は50歳を超えられるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x