身から出たサビ(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 元ヤン→おバカ→人気のママタレから転落……実姉の元勤務先のタピオカ店店長を“恫喝”して炎上し、18日に芸能活動自粛を発表した木下優樹菜(31)。

木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

〈いい年こいたばばあ〉〈弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるから〉〈事務所総出でやりますね〉などと“本職”顔負けのセリフに、ネット上では〈本性が出た〉という声もある。

「かつて木下はバラエティー番組で元ヤンキーだったエピソードを恥じらいもなく語っていました。なんでも、中学時代にタイマンのトーナメントで準優勝し、副番長を務めていたようです。ヤンキー気質は筋金入りのようですね」(テレビ誌ライター)

 木下といえば、2007年に初出演した「クイズ!ヘキサゴン供廖淵侫献謄譽啖蓮砲把漸鯏を連発し、「おバカキャラ」としてブレーク。10年に藤本敏史(48)と結婚し、12年に長女、15年に次女を出産。16年の「好きなママタレランキング」(オリコン)では堂々の1位と、順調にステップアップしてきた。

 以後も毎年、上位にランクインするなど、すっかりママタレのイメージが定着していた。

 しかし、今回の騒動が影響し、当然ながら今年の好きなママタレはランク外。20日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)では、コメンテーターの玉川徹氏が「ヤンキーのイメージからママタレイメージに変えたんでしょうけど、木っ端みじんですよね。これからママタレとしてやっていくのはほぼ不可能でしょう」と指摘。

■このままフェードアウトも…

 果たして木下に“復活の目”はあるのか。コラムニストの桧山珠美氏は「代表作や特技があるわけでなく、イメージで商売してきた人なので、この先は厳しいでしょう」と、こう続ける。

「今回の騒動で素がハッキリしたので、殊勝な姿で復帰しても〈猫をかぶるな〉〈ユッキーナらしくない〉と批判され、開き直ってヤンキーキャラで活動を再開しても〈反省していない〉とバッシングされるのが目に見えています。袋小路の状態ですね」

 こんなふうに世間から猛バッシングされた芸能人にも「金スマ」や「しくじり先生」といった“救済番組”もある。

「とはいえ、事の重大さを考えると、出演はまだまだ先でしょう。そもそも芸能界には元ヤンを公言している人が少なくない。かばってくれる人もいるかもしれませんが、ファンや視聴者の信頼回復には時間がかかるでしょう。不謹慎かもしれませんが、木下さん自身がタレントに会えるタピオカ屋を開き、ファンの反応をじかに感じるのはいいかもしれませんね」(桧山珠美氏)

 しばらく復帰は厳しそうな木下。このまま芸能界からフェードアウトもあるかもしれない。