ジャニーズをデジタルに放つ新世代。」

 そんなキャッチコピーを掲げ、ジャニーズJr.のユニット『SixTONES(ストーンズ)』の巨大広告が、10月29日、東京のJR品川駅に掲げられた。

 広告は、YouTubeが世界各国で行なっている「YouTubeアーティストプロモ」キャンペーンによるもの。

いわば“日本代表”

「彼らをはじめとしたジャニーズJr.の5組のユニットは、『ジャニーズJr.チャンネル』という配信チャンネルを開設し、3月から曜日替わりでジャニーズ初のYouTube上での公式動画配信を行うようになりました。

 再生数も好調ということなので、その『ジャニーズJr.チャンネル』の広告かと思いきや、世界的な展開となる、YouTubeのアーティストプロモへの抜擢ということで驚きました」

 と、ある芸能ジャーナリストは言う。

「YouTubeアーティストプロモ」は、ショーン・メンデス、BTS(防弾少年団)、カミラ・カベロなど、世界的に活躍し、YouTubeでの動画再生回数が1億を超えるようなアーティストが選出されており、SixTONESは、いわば“日本代表”という存在にになる。

 前出のジャーナリストは言う。

「『ジャニーズJr.チャンネル』では、SixTONESの再生回数が最も多いんです。そのためか、セブンイレブンとのタイアップ動画も、チャンネル内で数回配信されています。それだけ、彼らの影響力は強いのです」

 品川駅の翌日には汐留駅のコンコースに、さらに次の日は、原宿駅にポスターが掲示。日替わりで都内各所にSixTONESの新広告が登場し、ソロ・カットのポスターも予定されているという。

 SixTONESは、高地優吾、京本大我、田中樹、松村北斗、ジェシー、森本慎太郎の6人組。

「彼らは2012年に放送されたドラマ『私立バカレア高校』(日本テレビ系)に出演し、注目を浴びていました。当時もHey! Say! JUMPのコンサートに出演したり、TDCホールでの単独公演を行っています。当初はドラマのタイトルから、ファンには“バカレア組”と呼ばれていました」

 と、ジャニーズ事情に詳しいテレビ誌記者は言う。

「その後、バラバラに活動した時期を経て、再び6人での活動を行うようになり、『SixTONES』と名乗るようになりました」

 メンバーは、それぞれが特別な経歴を持っている。

ジャニーさんは“初挑戦”が大好き

「京本くんは、京本政樹さんの息子さんであることはよく知られています。樹くんは、元KAT-TUNの田中聖くんの弟で、慎太郎くんがHey! Say! JUMPの元メンバー、森本龍太郎くんの弟。

 松村くんと高地くんは、SexyZoneの中島健人くんと菊池風磨くんと一緒に『B.I.Shadow』という4人組ユニットで活動していて、中山優馬くんと一緒にCDリリースもしていました」(テレビ誌記者)

 グループは、ジャニーズの中では比較的クールなイメージのパフォーマンスを展開することが多い。前出のテレビ誌記者は言う。

「樹くんがいることで、初期のKAT-TUNを重ね合わせるファンも多いですね。かつて、KAT-TUN、NEWS、関ジャニ∞の3グループが『You & J』という合同カテゴリーでファンクラブが結成されていたのですが、Six TONESがKAT-TUN、最近、結成された関西Jr.ののユニット、なにわ男子が関ジャニ、そして今年デビューのKing & PrinceをNEWSになぞらえ、ジャニーズの新時代を感じるファンもいるようです」

 さらに、11月10日放送の『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)に、ジェシー、田中、松村、高地が出演することも発表された。

 この怒涛(どとう)の勢いに、ファンからのデビュー熱も一気に高まってきているが、今回のYouTubeキャンペーンへの抜擢と、『デジタルに放つ』というコピーから、ある予測もできると、前出の芸能ジャーナリストは語る。

「動画などでも発揮されていますが、彼らはタレント性もかなり高い。それを活かしつつ、YouToubeなどを中心に、ジャニーズ初のデジタル音楽配信グループとして展開する可能性もあるような気がします」

 その理由について、こう解説する。

「A.B.C-ZのDVDデビューのように、ジャニーさんは、“初挑戦”が大好き。そして、動画により世界規模でグループが活躍する可能性があるとなれば、そこに魅力を感じる可能性は高いです。

 そして、キンプリは5月にデビュー曲が約60万枚も売れました。どうしてもそこと比較されるだろうし、ある程度、売り上げたとしても格下感は免れない。

 CDも簡単に売れない時代なので、そこを避ける意味でもデジタルデビューはあるかもしれません」

 2018年の秋に怒涛の勢いを見せるSixTONESが、ショーン・メンデスやBTSと肩を並べるような海外での活躍をする日も、訪れるかもしれない。

<取材・文/渋谷恭太郎>