オリラジ藤森慎吾が“世界一の恋愛番組”にハマる理由

“世界一の恋愛番組”ともいわれる、いま世界で人気の恋愛リアリティー番組『The Bachelor(ザ・バチェラー)』。すでに全世界30か国でエピソードが制作されていますが、その日本版が、ついに2月からAmazon プライム・ビデオで制作・配信中です。

オリエンタルラジオの藤森慎吾さんも、この『バチェラー・ジャパン』にハマっている人のひとり。4月13日には、仲間の芸人たちを集めた鑑賞会『バチェラー』パーティーの模様が、YouTubeで公開されました。

鑑賞会の前に行われたインタビューで藤森さんは、『バチェラー・ジャパン』にハマっている理由について、こんな風に魅力を語っています。

「他にもこういうカップリング系の番組って色々ありますけど、自分が芸能の仕事をしているのもあって、どこかうがった見方をしちゃう中、この『バチェラー・ジャパン』はガチでむき出しのリアル感が、すごくおもしろいんです!」(藤森さん)

藤森さんは『バチェラー・ジャパン』の魅力をそう語ります。「バチェラー」とは、独身男性のこと。このドラマでは、ある選ばれた独身男性が、25人の女性たちとさまざまなデートを繰り返しつつ、運命の相手となる最後の1人の女性を選び出す…という、過酷でリアルな恋愛サバイバルが繰り広げられます。

今回の『バチェラー・ジャパン』で独身男性に選ばれたのは、35歳東大大学院卒、外資系コンサルティング会社を経て起業し、30代の若さで成功した実業家の久保裕丈さん。特技はキックボクシングや剣道、趣味はアウトドア、そしてイケメンで誠実……と、超ハイスペックな、まさにPERFECT HUMAN。

「この番組の設定的に、正直、久保さんて世間の男性から嫌われちゃうんじゃないかなーと最初は思ったんです。だって俺も最初は“ふっざけんなよ! うらやまし!!”と思いましたもん! でも観ているとなぜ久保さんがバチェラーに選ばれたかがわかる気がするんですよね。見た目ももちろんかっこいいですけど、すごく誠実でピュアな人」(藤森さん)

ドラマでは、この久保さんをめぐって、女性たちのアツいバトルが繰り広げられます。1、2話から泣き出してしまう女性がいたり、嫉妬や策略の渦巻く本音が垣間見えたりと、これには藤森さんも思わず「いや〜、女性怖いっすね〜(笑)」と話します。

「逆に、タレントとかやっている人たちはあそこまでできないですね。“これやったら、嫌われちゃうかな〜”とか、その後を気にしちゃいますもん! だからきっと、タレントだと嘘ついたり演じちゃったりすると思うんですけど、この番組の女性たちやバチェラーの久保さんは、本当に自分の感情をむき出しにしてやっているところが……もう、しびれましたね!」(藤森さん)

最終的には「俺が、バチェラーとして出る!!」と意気込むほど、『バチェラー・ジャパン』にハマってしまったという藤森さん。Amazon プライム・ビデオでは、現在第1話・第2話を無料で配信中です。さらに、Amazonプライム会員に体験登録(30日間)すれば、無料で試聴可能です!

フィナーレエピソードは、4月28日(金)リリース予定。さらに、本編全12話に加え、現場での裏話やバチェラーと運命の女性が登場するスタジオトークを収録した特別編2話分も配信します。

PERFECT HUMANを語らせたら右に出る者はいない(!?)藤森さんも太鼓判を押した『バチェラー・ジャパン』を、ぜひその目で確かめてはいかがでしょうか。

『バチェラー・ジャパン』
ソーシャルトレンドニュース

[PR企画:livedoor × Amazon プライム・ビデオ]