Microsoftの「Surface Pro 4」を含む新製品発表に先立ち、同社Windows部門のトップが、数年前にAppleのティム・クックCEOがSurfaceについて述べたコメントに対し、イラストで反論しました。

トースターと冷蔵庫のハイブリッド

さかのぼること2012年、四半期決算の際、クックCEOはMicrosoft SurfaceのようなタブレットとPCを複合した製品について「誰も喜ばない」と辛口のコメントをしました。

「トースターと冷蔵庫を合体させることはできるけれど、ユーザーを喜ばせることはおそらくないだろう」(クックCEO)

この3年前のコメントを、MicrosoftのTerry Myerson氏はずっと根に持っていたようです。
 
現地時間6日にニューヨークで行われた新製品発表会イベントの直前、Myerson氏は、Microsoftをフォローしているテクノロジー系ジャーナリスト数人に向けて、冷蔵庫とトースターが合体したイラスト(トップ画像)と、

「本日のショーをどうぞお楽しみください。注目。新しいものが飛び出すかもしれませんよ」

というメッセージをツイートしています。

@maryjofoley, @alex, @thurrott, @tomwarren hope you enjoy the show today…pay attention - some new things might pop up pic.twitter.com/yHbgfLNyfN

- Terry Myerson (@tmyerson) October 6, 2015


MicrosoftのSurface Pro 4はAppleのiPad Proをかなり意識しており、発表会の最中にも繰り返し両者を比較する表現が用いられました。
 
イベントではSurface Pro 4、Surface Bookのほか、スマートフォンのLumia、第2世代の時計型ウェアラブルMicrosoft Bandが発表されています。
 
 
Source:AppleInsider
(lunatic)