同窓会で女子の恋心に火をつける必勝トーク9パターン

写真拡大

同窓会がきっかけで、単なる「昔のクラスメイト」と一気に恋愛関係に発展するというのはよくある話です。では、当日どんな会話をすれば、女子を「その気」にさせられるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性230名に聞いたアンケートを参考に「同窓会で女子の恋心に火をつける必勝トーク」をご紹介します。

【1】「変わらないね」と若さを称える
「お世辞だと思ってもやっぱり嬉しい」(20代女性)というように、久しぶりの再会だからこそ女性は「変わらぬ若さ」にこだわるようです。ただし、「若々しい」という単語は、本当に若い人には使わないものなので、多用しないほうがいいでしょう。

【2】「ずっと好きだった」と過去の恋心を明かす
「少女漫画みたいな展開!」(20代女性)というように、長い時間を経た告白は、女性に与えるインパクトが大きいようです。今の自分にも興味を持ってもらえるよう、精いっぱい身だしなみに気を付けて出かけましょう。

【3】「朝練頑張ってたね」と細かい思い出を語る
「懐かしさで一気に当時の関係に戻れそう」(20代女性)というように、共有している思い出話を振り返ると、少しよそよそしかった会話も一気にくだけたものになりそうです。もし相手が覚えていなくても、落胆せずに次のエピソードを探してみましょう。

【4】「一瞬気づかなかった」と美しい変貌を褒める
「キレイになったってことだよね?」(10代女性)というように、昔との違いを指摘すると、美しく変身した女性の自尊心をくすぐることができそうです。ただし、あまり大げさにいうと「前はブスだったみたい」と不満に思われてしまうので、驚くのはほどほどにしておいたほうが無難でしょう。

【5】「教師になりたがってたね」と昔の夢を覚えている
「まさか覚えててくれるなんて!」(20代女性)というように、自分の会話が誰かの記憶に残っているという事実は、少なからず女性を感動させるようです。ちょっとしたズルですが、卒業文集を読み返していくと、会話のネタも増えるのではないでしょうか。

【6】「今度食事でも」と大人なデートに誘う
「お互い大人になったってことだよね」(20代女性)というように、ストレートにデートに誘われて、悪い気がする女性はいないようです。ただし、彼氏がいたり、結婚していたりする場合もあるので、相手の状況をさりげなく確認する心の余裕は必要でしょう。

【7】「こんなに気が合うと思わなかった」と再会を喜ぶ
「趣味が合うと、もっと話したいと思う」(10代女性)というように、昔話もいいですが、現在の自分をアピールすることも忘れてはいけないようです。近くに住んでいたり、職場が近かったりする女性なら、特に親しくなれる可能性が高いのではないでしょうか。

【8】「やりがいがあるんだ」と仕事の楽しさを話す
「あの少年がこんな大人になるなんてねー」(20代女性)というように、生き生きと仕事のやりがいを語ると、「働く男」としての魅力に気づいてもらえるかもしれません。ただし、ただの自慢だと受け取られることのないよう、話す内容には気を付けましょう。

【9】「オレなら放っておかない」と彼氏がいないことを驚く
「そんなこと言われたらキュンとしちゃう」(20代女性)というように、告白まがいの発言は、女性に嬉しい驚きを与えることがあるようです。もちろん、いろんな人に言うと「ただの軽い男」と判断されてしまうので、本当に気になる女性にだけ言うようにしましょう。

思い出話や褒め言葉、変化球の告白などが、同窓会で「恋愛対象」になるための近道と言えそうです。恋のチャンスを逃さないよう、同窓会には積極的に参加してはいかがでしょうか。(小倉志郎)

【調査概要】
期間:2014年8月6日から8日まで
対象:合計230名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査