田村淳

写真拡大

28日放送の「ロンドンブーツ1号2号のオールナイトニッポンGold」(ニッポン放送)で、田村亮が武井壮に「氷水かぶり」を拒否された件について語った。

同番組はニッポン放送開局60周年記念の特別放送で、司会はロンドンブーツ1号2号の田村淳・田村亮が務めた。

番組中で田村淳は「アイスバケツチャレンジもさ、ALSっていう病気のことをみんなに知ってもらおうと思って」「俺はいい行動だと思ったのよ、いい企画だと思ったのよ」と、アイスバケツチャレンジについての話題を取り上げた。

さらに「最初の想いとしては、ALSって病気のことを知って、そこに寄付金が集まる」「研究費がたくさん増えるとその病気をやっつけられるっていう思いでみんなやってんのにさ、後からごちゃごちゃ言うヤツ多くない?」と、賛否両論が交わされている現状に苦言を呈した。

「結果いいんだけどね広まるから」と語りつつ、相方の田村亮に「亮さんが武井壮君にわたしたら、武井君が『俺そういうのやりませんから』みたいな」と、武井でリレーが止まったことを指摘。

田村亮に「お前がツイッターで反論するかなと思ったらなんにも言わねえから」「言ってやればいいじゃん俺はそんなつもりでバトン渡してないよつって」と話を振った。

田村亮は「いや、それを言っても向こうの意思はね、他の東北の人だったり自分は想いがあるから。ただ気持ちはわかりました」と、武井の気持ちを汲んで言及しなかったと明かした。

田村淳はそれを受けて、「賛否両論色々あって賛成の人も反対の人もワーっとこう話題にすることで広がればベストだからね、結果よかったよね」と、アイスバケツチャレンジに取り組んで良かったと語った。

【関連記事】
小林よしのり氏、女児への強制わいせつ事件で持論を展開「児童ポルノか美少女アニメのオタクのはずだ」
青山繁晴氏が、舛添要一都知事は東京オリンピックを日中韓の3カ国共同開催にしかねないと懸念
青山繁晴氏、朝日新聞の慰安婦報道一部取り消しの核心に迫る 「反日報道で大きな部数を誇ってきた新聞社の終わり」