北川景子

写真拡大

 今月3日に封切られた映画『悪夢ちゃん The 夢ovie』が、思わぬ不入りに見舞われている。

「全国271スクリーンと大規模上映されている同作ですが、初週の動員は12万7,427人でランキングは7位。興収は1億4,970万8350円と、あれだけ派手に宣伝した映画とは思えない、寂しい結果となりました」(映画ライター)

 公開直後のTwitter上には、「悪夢ちゃん、ガラガラで貸切状態」「あのー、悪夢ちゃん The Movie これから観るんですけどー もうすぐ本編始まるんですけどー 客、ワシ1人なんすよー 貸し切りぃー 今日公開っすよねー ヤバい(´・ω・`)」「子どもの日なのに、客3人てww」「レディースデーなのに、客4人……マリウスくん演技うまいのになんか残念」といった書き込みが多く見受けられる。

 同作は、2012年に放送された連ドラ『悪夢ちゃん』(日本テレビ系)の映画化。恩田陸の小説『夢違』(角川書店)を原案にしたファンタジー作品で、主演の北川景子のほか、GACKT、木村真那月、Sexy Zoneのマリウス葉、小日向文世、優香らが出演。主題歌を北川と同じスターダストプロモーション所属の、ももいろクローバーZが担当している。

「連ドラの全話平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)とイマイチだったため、以前から映画化に疑問の声も多かった。制作サイドは、『放送終了後、視聴者から続編を希望する熱烈なラブコールが殺到した』と映画化の理由を発表していますが、最初から決まっていたんじゃないかと、疑ってしまいます」(同)

 また、公開前日には『金曜ロードSHOW』枠で2時間スペシャルドラマ『特別ドラマ企画 悪夢ちゃんスペシャル2014』を放送。通常、視聴率14%前後の同枠だが、この放送に限っては9.9%と1ケタに留まった。

「ももクロが『特命宣伝プロデューサー』を務めるなど、公開前からスターダスト色を全面に出していた同作ですが、客層を見る限り、マリウスを見るために訪れたジャニヲタ率が高い。むしろ、ももクロで盛り上げるよりも、ジャニタレの一人でも引っ張ってきたほうが効果があったかもしれません。いずれにせよ、このペースでは、製作・宣伝費の回収は危うい。パッケージ化の際は、ももクロやマリウスの特典映像がふんだんに盛り込まれるかもしれませんね」(同)

 早くも大コケが危惧される『悪夢ちゃん The 夢ovie』。この先、挽回はあるのだろうか?