26日、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の大手取引仲介会社・Mt.Gox(マウントゴックス)が、サイト上で「全ての取引を当面停止する」との声明を掲示した。利用者はビットコインの使用や現金への換金ができない状況が続いており、英・フィナンシャル・タイムズによれば、4億ドル(約400億円)規模の資産が宙に浮く恐れがあるという。

このニュースを受け東京渋谷の同社オフィスに抗議に訪れるものもおり、利用者の間には不安が拡がっているようだ。同日には、ビットコインを購入したお笑いタレント・ロンドンブーツ1号2号の田村淳も、Twitter上で「俺のビットコインどうなるんだろうか..」と投稿し、複雑な心境を明かしている。

淳は19日、自身の公式ウェブマガジン「淳の休日気ままに現場主義」で「ビットコインがほしい!」と題し10万円を用意、いくらかビットコインを購入をしたようだ。

マウントゴックス以外の取引所運営会社6社は「信頼を裏切ったのはマウントゴックス1社だ」との共同声明を発表している。一方で、米では民主党の議員が財務省と米連邦準備制度理事会(FRB)に書簡を送り「非常に不安定で米経済に混乱を招く」とビットコインへの懸念を表明するなど、使用禁止を求める声もあがっている。


【関連記事】
ロンブー淳、森元首相の発言に不信感 「敬意のない発言をする人が東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長をやれるのか?」
「ビットコイン禁止を」 米議員が当局に要請
サイバー攻撃で420億円盗まれダウン?ビットコイン大手Mt.Goxが取引停止、政府救済なし