ダウンタウンの松本人志がコメンテーターに初挑戦している、フジテレビ系のバラエティ番組「ワイドナショー」。芸能ニュースから時事まで様々な話題に、松本がバラエティ番組では見せない真剣な表情でコメントをする番組だ。毎週多彩なゲストが独自の見解を述べるのも同番組の魅力のひとつだが、21日の放送には岩城滉一がゲストとして出演。サッカー元・日本代表の前園真聖氏について語った。

前園氏は13日、酒に酔ってタクシー運転手に暴力をふるったとして逮捕、14日午前には被害者との示談が成立し、釈放された。「ワイドナショー」でも、前園氏が釈放直後に開いた会見を紹介。前園氏はメディア出演自粛を表明し、開催するサッカー教室の子どもたちに対して「謝りたい」と声を詰まらせていた。

松本は「これ以上(騒ぎが)あんまり大きくならならずによかったな」と前園氏を気遣いながらも、「(泥酔して当時のことを)覚えてないって事に謝っても、あんまりよくわからないな」と語り、会見の内容には疑問を呈している。その理由を「屁理屈言うようですけど、本当はいわばこの人は多重人格なわけじゃないですか。酒飲んでる時と飲んでない時の」と説明。その上で「ベロベロ(に酔った状態)になって『僕は人を殴りません』って言って初めて、『あ、この人はお酒飲んでも大丈夫や。心入れ替えたんやな』って思える」と持論を展開した。

一方岩城は、より厳しい口調で意見を述べた。「男の子だから喧嘩が悪いとは俺、思わないんだけども」と前園氏の行動に理解を示しながらも、「覚えてねえとかそんなんじゃなくて『ちょっと悪かったな。腹の虫が悪かったんだよ。二度としない。ゴメン!』って言うぐらいの爽やかさが欲しい」と、会見に「潔さ」が足りなかったと語った。

岩城は、来年以降に芸能人初の「宇宙旅行」を予定している。操縦士と二人きりで小型の宇宙船に乗り込むため、万が一に備えて副操縦士のトレーニングを積んだり、4Gの重力に耐えるなど、62歳にして過酷な状況に身を置いている。そんな岩城からすると、軟弱な態度に見えたようだ。

また、子どもたちへの影響を心配し、やや語気を荒げ「子どもがファンなのに『こんなやつに憧れちゃやだな』って思うような、なんか汚らしい頭」と前園氏の髪型に言及。最終的に「どうもねえ…『坊主にせんかい、お前!』」と発言し、司会の東野を困惑させた。

前園氏はたくわえていたヒゲを剃って会見に挑んだが、岩城から見るとヒゲだけでは足りないと感じたのだろう。メディア出演は自粛するものの、サッカー教室については継続を希望している前園氏。今後は再び心身ともに子どもたちの憧れとなるよう、努力することだろう。

【関連記事】
前園氏 被害者から「結婚のススメ」 “和解”の記念撮影も
前園元選手の活動を無期限で停止 小学校訪問プロジェクト参加
覚せい剤逮捕・借金騒動を経て、宇宙へ……芸能界きってのアウトロー・岩城滉一が教えてくれたこと
岩城滉一が行く宇宙は「宇宙ではない」 彼は一体どこに行くのか?