4人もの死者を出した『焼肉酒家えびす』の集団食中毒事件。同焼肉店チェーンを運営するフーズ・フォーラスの勘坂康弘社長(42)。1997年、28才のときに同社を開業した彼だが、その半生は倹約に次ぐ倹約の日々だった。まず開業資金調達のときには、

「地元の工場への派遣で2年半ほど働いて1000万円ほど貯めました。お金を貯めるのは非常に簡単なことで、使わなければいいんですよ」

 こうインタビューで語っていたほどだった。 当時の友人はこう証言する。

「勘坂くんは仲間で集まって飲むときも1、2杯飲むと“お先に”といって、ひとり帰るほど徹底した節約ぶりでしたね。食事もかなり無理をしていたみたいで、1号店を出したときは、かなり痩せ細っていましたよ」

 そんな勘坂氏は、会社を大きくすることだけにすべてを懸けていた。

「ひとつ店を出すと、“次の店、次の店”と、店を出し続けることに熱中してましたね。店にも出ないで売り上げデータと絶えずにらめっこ状態だったそうです。利益優先になってしまっていたところはあるんでしょうね」(会社関係者)

 焼肉酒家えびすでアルバイト経験がある大学生はこういう。

「6時間勤務につき45分間の休憩が定められていますが、えびすでは、実際に休憩はありませんでした」

 会社を大きくするために、人件費も“もったいない”と倹約していたのだろうか。

※女性セブン2011年5月26日号




■関連記事
高島彩 酒豪伝説「ワイン3本」「焼酎 ロック3杯で宴開始」
スピード婚発表の南野陽子 夫の会社に家賃滞納の過去
仙台・牛タン店 大震災翌日に開店し大行列ができた
自由求めた団塊の「孤舟族」は過酷に暇で妻にも捨てられる
杉本彩 会社経営から身をひき母親への仕送りもストップ