「東京タワーは何色?」多くが誤解

写真拡大

東京タワーは何色?」。この質問に、多くの人が正解できなかったという。

東京タワー(日本電波塔株式会社)は、3月3日の特別展望台リニューアルにあたり、20代から60代の男女500名を対象に「東京タワーに関する認識調査」を実施した。

調査ではまず、「あなたにとって東京タワーは東京のシンボルだと思いますか」と質問。これに対して93.6%の人が「思う」と回答し、9割以上の人が「東京のシンボル」と思っていることがわかった。しかしその一方で、「あなたは東京タワーが何色だと思いますか?」との質問には、約8割の人が「赤」や「朱色」と回答。東京タワーの色を正しく「オレンジ」と答えたのは1割未満だった。

また、「東京タワーがオレンジ色」と知っていたのは、20代〜40代は10人に1人。それに対し、50代は4人に1人、60代は3人に1人となり、若年層より年配層が東京タワーについて知識があることがわかった。

誰もが知っている東京タワー。しかし調査の結果、東京タワーに関するユニークな豆知識が多くの人に知られていないこともわかった。最も認知度が低かったのは「東京タワーのライトアップにかかる電気代は1日約2万円」。92.6%の人が知らなかった。

そのほか、材料や名称など、建設当時の東京タワーについても8割以上の人が知らないと回答。そこで、“知らない度”が高い順に、担当者による裏話を語ってもらった。

◎知らない度92.6%
「ライトアップにかかる電気代は1日約2万円」
担当者:「1日数十万円くらいすると思った」という話もよく耳にしますので、1日2万円程度と聞くと驚かれる方も多いようですが、オレンジ色のライトアップ「ランドマークライト」を日没から真夜中まで点灯した場合、このくらいの金額になります(※但し現在は工事のため、ライトアップは翌明け方まで継続点灯しています)。これでたくさんの方々の目を楽しませることが出来ると考えれば、かなりのコストパフォーマンスではないでしょうか。

◎知らない度88%
「東京タワーの一部は戦車からできている」
担当者:当時の明確な事実が残っているわけではありませんが、特に東京タワーの塔体上部については特段に頑丈な鉄骨が必要であったため、鋼材としての品質が高い戦車のスクラップを材料として使用した可能性は大いに考えられる、と当時の関係者からも語られています。

◎知らない度85.2%
「東京タワーは『昭和塔』という名称になる可能性があった」
担当者:開業を間近に控えた頃、この新たな電波塔の名称を公募することとなりましたが、わずかな期間で86,000通もの応募があり、審査にあたっては大変な苦労があったと聞いています。数量的に見ると「昭和塔」「日本塔」「平和塔」などが主たる候補でしたが、世界的に親しまれるにあたって最もふさわしいだろうという事で、最終的には満場一致で「東京タワー」と決まりました。ちなみに「東京タワー」は123通の応募で、他の候補に比べると、数量としては微々たるものでした。