中国でクレープ屋は当たるのか?


 中国に渡ってからの15年間、留学から起業に至るまでの道のりを振り返っている。

【前回の記事】「確かにそうだ!中国人妻がついに発見した経営の奥義」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51016)

 中国で会社を立ち上げ、シルバーアクセサリーの取引に目を付けたが、展示会にも足を運び、妻の友人を頼ってみたものの、芳しい成果は得られなかった。その中で、自分たちには気合いや必死さが足りないことに気づき、ようやく本気モードのスイッチが入り、次は「クレープ」に目をつけたのだった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

クレープ屋という狙い

 次はクレープ。当時はそれなりにいろいろ考えた末に出した結論だった。

 中国の人は肉まんに野菜まん、「饼」(bing:小麦粉や雑穀の粉をこねて焼いた平たく大きな食べ物)など、いわゆる粉モノが大好きだ。なので、当時はまだ珍しかった美味しいクレープを作ったら、たくさんの人が食べてくれるのではないか。

 そんな風に考えて、妻と私は、当時上海ではまだ珍しかった、とあるデパートにあったクレープ屋さんに視察に出かけた。

 当時、上海は百貨店全盛期。店内は人で溢れかえっていたが、そのクレープ屋だけは驚くほど流行っていなかった。他の地下食品街のお店は人が並んでいたにも関わらず、クレープ屋だけは、クレープを焼くためのあの丸い鉄板がとても美しく磨き上がってピカピカだったのを、今でも鮮明に覚えている。

「全然流行ってないな、鉄板ピカピカだよ。あれ、下ろし立てでまだ焼いたことないんじゃないの? クレープやっぱりダメかなあ」

「クレープなんてそもそも誰も知らないし、まだこれからよ。今やったら、うまくいけば大儲けよ!」

 いつもは、楽観的な私に対して、冷静で批判的な妻というやり取りが多いが、今回は珍しいことに見立てが逆になった。

 妻の意見がいつもと違う、これはいけるのではないか。楽観主義者の私が、俄然やる気になったのは言うまでもない。

中国版クレープ・・・?

 ともあれ、試食してみないことには分からないということで、早速、ピッカピカの丸い鉄板の前で手持ち無沙汰な店員さんにクレープを注文。私はフルーツクリームクレープ、妻はヘルシー野菜クレープを注文した。

 将来、自分も焼かなければならないと思い、穴が空くほど店員さんが焼いているところを見つめる。当時は携帯電話で録画なんて便利な機能はなかったので、頭と心にレシピを焼き付けるしかなかった。

 ようやく客がやってきて、やる気満々になった店員さんは、スマートに冷蔵庫からタネを取り出して、慣れた手つきで温まった鉄板に流し込む。ジューッと音がする間、中に挟むフルーツやクリーム、そして野菜を準備。ここまで相当に素早い動き、T字型の木の棒を使って器用に薄く丸く広げていく。素晴らしい手さばき、弟子入りしたい思うほどだ。こんなにスムーズに自分もできるようになるのかと、少し心配になってきた。

 さて、そろそろ生地を取り出して、具を挟んで折りたたむのかと思っていたが、なんだか様子がおかしい。一向に生地を取り出す気配がない。

「いつまで焼くのだろう・・・」

 既に生地は相当焼き色が付いている。なんだか香ばしいニオイも漂ってきた。これ以上焼いたら焦げるよというところで、店員さんはようやく生地を取り出した。予想どおりというべきか、生地はパリパリ。店員さんは別におかしいとは思っていないようだった。

 焼きあがった生地にフルーツが並べられてクリームを絞る。そして、巻いて完成のはずだが、生地がパリパリなので巻けない。巻くというよりも折っている。ヘルシー野菜クレープも、同じくパリパリの生地に野菜が折り込まれた形状だった。

 クレープといえば、ふわっと柔らかい生地でフルーツやクリームなどを巻いたものをイメージするが、我々が上海で初めた体験したクレープは少し違っていた。味はというと、これはこれで美味しい。パリッと香ばしくて中のフルーツやクリームとよく合っている。ただ、

「これはクレープじゃなくて饼だな・・・」

というのが2人の感想だった。

一般的な「饼」のイメージ。


 店員の男性と少し話したところ、予想どおりタネは饼のものを代用しているらしく、その彼も元々は毎朝饼を焼いていたという。

 給料が良いのでクレープ屋に転職したらしいが、客はほとんど来ないとのこと。考えてみれば当然で、見た目は饼と変わらない、でも値段は饼の10倍(クレープ20元、饼なら当時は2〜3元)、これでは売れるわけがない。さすがに彼も転職を考えているようだった。

 社長が日本で食べたクレープの美味しさに感動して、機材一式持ち込んで上海で初めたお店だそうだが、店頭は全て彼任せで、うまく行っているようには見えなかった。予想通りというべきか、1カ月後に視察のためにもう一度訪れてみると、そのお店は既に閉店しており、小さなケーキ屋さんになっていた。

「良いもの」を持ち込んで中国で売る

 見た目は対して変わらないのに、値段は10倍。「まだ中国で売られていない良いものを、日本(あるいは海外)から持ち込んで中国で売る」という発想はとても良いと思うが、クレープは見た目が中国に既にある饼とそれほど変わらないので、中国の人からしたら珍しさもなく、そんな値段の高いものは買わないのだろう。

 クレープ屋とはまったく関係ない別の商売をしている今でも、この考え方はとても役に立っている。

 中国でまだ売られていない良いものを、日本(あるいは海外)から持ち込んで売ろうと考えた場合、もちろん品質や機能も重要だが、この「日本からやって来た!」感はとても大切で、むしろこれをうまく伝えることができないと、どんなに素晴らしい製品も中国では人気が出ない。

 中国製品の品質が以前よりは向上して、消費者も(特に若者)は、国産製品を好むようになっているとはいえ、一定の経済力がある層の舶来物嗜好は依然として根強い。お金を持っている中国人にモノを売ろうと思えば、「海外からやってきた感」は欠かせない要素だと言える。

 話を元に戻すと、私と妻が一大決心をしたクレープ屋構想は、結局頓挫することになった。

 本屋を走り回り大量のお菓子作り本を購入して大阪から上海に郵送してくれた両親には、本当に申し訳ないと思っているので、レシピ本は今でも家の本棚に飾ってある。

 散々悩んだ末に決心したクレープ屋をあっさり諦めたのには理由があった。ちょうどその頃から、ご飯を食べるために仕方なく続けていた仕事が、急激に忙しくなってきたのだ。

 そのお仕事とは、翻訳だった。そして、この翻訳が今やっているお仕事に直接つながることになるのだから、勢いで作った会社にようやくある道筋ができたことになる。

筆者:宮田 将士