木村拓哉が俳優活動に本腰を入れている。二宮和也との共演作『検察側の罪人』の映画公開が来年に控えており、1月クールの新ドラマ主演も決定した。

「好調な『ドクターX』の枠で、『BG〜身辺警護人〜(仮)』(テレビ朝日系)が決まっています。今回は民間警備会社のボディガードを演じるそう。江口洋介さんや菜々緒さんにも出演のオファーをしているそうです」(ドラマ制作スタッフ)

 その木村以上に派手な動きを見せているのが、ジャニーズ事務所を退社した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人。9月22日に新プロジェクト『新しい地図』を立ち上げてから1か月、活動内容が次第に明らかになってきた。

「意外にも存在感を見せていますね。各メンバーのSNS設立や、映画製作の発表など、次から次へと情報を解禁することで、興味をかきたてています。SMAP解散でうっぷんをため込んでいたファンにとっては、ようやく明るい話題が届いたという感じなんでしょう」(スポーツ紙記者)

 応援する相手がはっきりしたことで、しばらく鳴りを潜めていたファンが元気を取り戻したようだ。

「SMAP時代からのファンのなかには温度差も少なからずあるようですが、ファン同士が誘いあって加入しているようです」(芸能レポーター)

 熱心なファンが地道な“布教”活動を展開した成果なのか、『NAKAMA』という名の有料会員は12万人に達したという。

「すでに入会費と年会費で6億円以上の収益があがっているということです。ただ、あるネットユーザーを対象にした調査では、『新しい地図』の認知度は5割ほど。一般への認知度はそこまで進んでおらず、新規ファンの開拓はそう簡単ではありません。やはり、SMAPを支えてきた熱狂的なファンが頼りということになるんでしょうね」(テレビ誌ライター)

木村と中居のファンクラブはどうなる?

 このように、積極的にファンサービスを行う『新しい地図』とは対照的なのが、ジャニーズ残留組の2人だ。木村も中居正広も、SMAPが昨年末に解散してから今に至るまで、おのおののファンクラブは発足していない。

「ジャニーズでは嵐やTOKIOら各グループのほか、ソロでは山下智久のファンクラブがあります。近藤真彦や生田斗真などの個人タレントの場合は、ファンクラブがないかわりに『メール配信サービス』がありますね。

 いずれにしても、彼らの最新の活動情報をファンは得ることができるんです。SMAP在籍時に“ツートップ”と称された木村と中居に今でもファンクラブがないのは、不自然ですね」(前出・テレビ誌ライター)

 ファンクラブを設立すれば『新しい地図』と同等か、それ以上の会員数と利益が見込めるはずなのだ。

「試写会や舞台挨拶参加などの特典は、ファンクラブを通じて申し込むのが通例。わかりやすいファンサービスです。木村さんはレギュラーがラジオ番組のみと極端に露出が減っていますから、ファンはイベントなどを通じた交流を心待ちにしているでしょう。事務所としては、早くファンクラブを設立したいはずです」(前出・テレビ誌ライター)

 俳優業に軸足を置く木村にとって、ファンクラブ設立は重要な課題だ。ただ、中居は少し事情が違う。

「中居さんはテレビのレギュラーやSP番組など、司会業がメインです。10月16日からは、新たに冠番組『なかい君の学スイッチ』(TBS系)がスタートしました。これまで同様にテレビ局が番組観覧希望者を募集すれば“こと”はすんでしまうのです。

 ドラマや映画への出演話は今のところなく、ファンクラブを作る必要性が低いんです。元来ものぐさな性格の中居さんですから、ファンイベントをやりたがるとも思えません。

 また、彼が一部報道でもあったように来年の9月に事務所を退社するとなれば、ファンクラブを作ってもすぐに解体することになって、目も当てられません。今すぐにファンクラブを作るのは、中居さんにとって得策ではないからでは、と勘ぐる向きもあります」(前出・スポーツ紙記者)

 中居の事情は木村には関係のない話。だが、彼をさしおいてファンクラブを設立するわけにもいかないのだという。

「木村さんだけが単独でファンクラブを設立するのはまずいでしょう。解散騒動ですっかり“悪役”イメージがついてしまいましたから、何を言われるかわかりません。

 設立するなら2人同時でなければならないでしょうね。中居さんの動向がはっきりしないままでは、ジャニーズ事務所もうかつには動けないでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

誤算続きのキムタク

 木村への逆風はなかなかやまない。主演した映画『無限の住人』は、ヒットしたとは言いがたく、ドラマ『A LIFE』(TBS系)も思ったほどの視聴率は得られなかった。4月にはトヨタ自動車のCM契約が終了し、現在は2社のみ。しかも1つは海外のみの契約だ。

「かつては出演ドラマをすべて25%以上の視聴率に導き、好感度ランキングでも上位の常連でした。でも、それはSMAPというアイドルグループの中にいたからです。役者としての評価は決して低くありませんが、この先、役者1本で戦うのは厳しいでしょう」(芸能プロ関係者)

 木村にとっては誤算続きだ。最近は顔色も冴えず、憂い顔を浮かべているという。

「事務所を出た3人が生き生きと活動しているのを見て、実は気持ちが揺れ動いているようですね。周囲には“やっぱりオレ、あいつらともう1度SMAPをやりたい”と漏らしているそうです。突然の心変わりに、妻の工藤静香さんも困惑しているといいます」(前出・芸能プロ関係者)

 自由な活動をしている3人が羨ましいのかもしれない。

「仕事が減ると思われていた『新しい地図』の3人のほうが話題になっているのは皮肉ですね。彼らが選んだ新たな道が支持を集めているのを見て、“やっぱりSMAPにいてこそ自分は輝くんだ”と再確認したんだと思いますよ」(前出・芸能プロ関係者)

 再び思いがひとつになり、SMAP再結成という奇跡が起きる日は来るのだろうか。

「やはり“裏切り者”になってしまった木村さんを、香取さんをはじめとした3人がそう簡単に許すとは思えません。現状は難しいでしょうね」(前出・芸能プロ関係者)

 溝が埋まる日が、いつか訪れることを願いたい─。