結婚式は、女性にとって人生で最も大きなイベントの1つといってもいいでしょう。

※写真はイメージ

教会などでの式が終われば、親族や友人などと共に食事を楽しむ披露宴へ。そして、新郎新婦の友人を集めた二次会を行うというのが定番のパターンでしょうか。

「二次会は友人に仕切ってもらう」といったことも、よく耳にします。

杏(@apricot_candy_a)さんも、新婦である友人の結婚式の二次会について、色々と相談に乗っていました。

その縁で、新郎、つまり友人の婚約者とも食事を共にします。

すると、突然…。

友人の婚約者から「食事に行かないか」というLINEが届いたのです。

杏さんは、当然断りますが…。

なんと「杏さんが色目を使って、友人の婚約者を誘ってきたことにする」といい出したのです!

それでもきっぱりと断る杏さんに、友人の婚約者は「オトナの対応をして」とせがみます。

ここでいう『オトナの対応』は「堅いコトをいわずに、一緒に食事に行ってくれる」という意味なのでしょう。

しかし、杏さんが実行した『オトナの対応』は、少々意味が違いました。

LINEでのやりとりを公にするという『オトナの対応』!!!

友人の婚約者は慌てふためきますが、時すでに遅し。

最後は杏さんを罵倒するような言葉まで投げつけて来ました…。

結局、この友人カップルは破局。あまりにも愚かな男性の行動について、杏さんはこう評します。

『仕事』と『信頼』と『貯金』と『婚約者』を失うことになった男の愚行。

LINEのやりとりにも出てきましたが、新婦の父親は、新郎の上司に当たる人物だったため、仕事まで失ってしまった様子…まさに自業自得です。

一連のやりとりがTwitterに投稿されると、愚かな婚約者の行動に批判の声が殺到します。

男って本当にバカ。でも、杏さんの友人は結婚前に、最低男と別れることができて不幸中の幸いでしたね。本当の意味での『オトナの対応』とはこのこと。スカッとしました!友人の婚約者は、今回のことがなくても同じような失態をしたはず。早く分かってよかったですよ。

ちなみに、今回のLINEのやりとりを公開するにあたり、杏さんは結婚予定だった友人に許可をとったといいます。

その際、次のように語ったという友人。

もう、ネタとして扱ってもらって、笑い飛ばしたい!

男を見る目がなかったのは十分に分かっているので、次は幸せな恋愛ができるように頑張ります!

強くて、ステキな女性なんですね。

確かに、こんな男性のことは笑い飛ばしてしまい、さっさと忘れたほうが幸せ…なのではないでしょうか!

[文・構成/grape編集部]