メイプル超合金(カズレーザー)【写真:鶴見菜美子】

写真拡大

 6日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ)は夏休み未公開スペシャル。メイプル超合金のカズレーザーが、かわいがっている妹との逸話を明かした。

 後輩芸人から寄せられた「普段から赤い格好をしているが、妹と会うときだけ普通の格好をする。ジーパンとか履いちゃう」というタレコミ。実はカズレーザーは日頃から一日中、金髪に全身真っ赤な服で生活をしているが「妹がこの格好極端に嫌いなんです......」とさみしげに告白。さも妹だけが嫌うようなこの口ぶりにMCの上田晋也や森泉らも「いやいや、俺らも嫌いよ」「大嫌い」と真っ赤な服装が特に好きじゃないと口にすると、カズレーザーは「うそでしょ!」と驚いた様子だったが、妹の場合は「ほんとに嫌がるんで、そんときだけ」後輩から服を借り「ジーンズにパーカーとかで行くんですよ」と妹と会う時だけはおよそカズレーザーらしからぬ格好で出かけるのだと告白した。

 以前は赤一色の格好で妹に会っていたものの「一緒に歩くのが恥ずかしい。もう本当にやめて!」と妹に叱られたというカズレーザー。「でも妹好きだから会いたいから、『どうしたら良い?』って言ったら『普通の格好で来なさい』っていわれたから」とメロメロの妹の言いなりなことも明かし、大好きな妹と一緒にショッピングや食事を楽しむと明かした。

 カズレーザーはまた、「妹と一緒じゃないとかわいらしいお店とか入れないじゃないですか。おれ入りたいってのもあるから」と妹を隠れみのにお店回りをしていることも明かした。