マツコ・デラックス

写真拡大

3日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、番組コメンテーターのマツコ・デラックスが、自ら女性外国人出演者への失言を指摘する場面があった。

番組では「浴衣ウィーク」として、司会のふかわりょうと、番組アシスタントの上田まりえが浴衣姿で出演した。さらに外国人リポーター「黒船特派員」のガウも浴衣姿で登場し「ちょっと胸元が苦しいな」と笑いを誘った。

マツコはガウの浴衣姿を見ると「胴回りがガッチリしてるからね、着物似合う!」と絶賛し、ガウは「ありがとうございます!」と大喜びしていた。

ところが、その後「視聴者生投票」のテーマが発表された直後、マツコは「ちょっと訂正いいですか?」と切り出し、「ものスゴい褒め言葉のつもりで言ったんですけど…」「『胴回りがガッチリしてるから似合う』は失言でした」と自ら指摘したのだ。

大きな笑いが起きる中、ふかわが「難しいですね日本語というのは」とフォローすると、マツコは「難しい、すみません」「スタイルがね、ボリューミーだから」と説明。さらにふかわが「本人はね、ご満悦だったんで大丈夫かと」と再びフォローを入れると、マツコは「(それなら)よかったよかった」と胸をなでおろしていた。

【関連記事】
マツコ・デラックス 私物の弁償を部下に求める上司に異論
マツコ・デラックス 映画の続編をバッサリ「続編なんかいらない」
マツコ・デラックス 自身とコンプレックスの関係を語る「稼がせていただいている要因」