スリランカ・カルタラの村で起きた土砂崩れの現場で行われる救助活動(2017年5月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】雨期を迎えたスリランカでは、各地で記録的大雨に伴う洪水土砂崩れが発生し、当局によると26日の時点で少なくとも92人が死亡、110人が行方不明になっている。

 スリランカの災害対策当局によると、これまでに同国南部と西部の住民6万人以上が自宅から避難し、洪水や土砂崩れにより損傷または全壊した住宅は500棟近くに上っている。

 スリランカは遠隔地の被災状況が明らかになってきたことを受け、国際的な支援を要請。隣国インドは、輸送船2隻分の緊急支援物資を提供するとともに、医療チームを派遣した。
【翻訳編集】AFPBB News