これまでiPhone 8は1種類だけと噂・予測されてきました。しかし新たな噂によると、2種類のiPhone 8が今年登場するそうです。

こちらもご覧ください。
iPhone 8に『AirPods』が付属

大手サイトが信頼できる情報源から入手

大手ニュースサイト『Engadget』が信頼できる消息筋から得た情報によると、iPhone 8のサイズは5インチと5.8インチの2種類になります。

販売中の『iPhone 7』は4.7インチ、『iPhone 7 Plus』は5.5インチなので、画面がそれぞれ0.3インチずつ大型化することになります。

このうち、5インチ版iPhone 8はiPhone 7本体よりも大型で厚くなるそうです。

同じ消息筋から得たとするiPhone 8の情報によれば、以下の特徴も備えるとしています。

背面はガラス製2つのiSightカメラは縦に並ぶiSightカメラの間にフラッシュとマイクを搭載ワイヤレス充電に対応Touch IDは画面に内蔵

消息筋がアクセスできるiPhone 8の設計ファイルを元に作成されたという、複数のCG画像がEngadgetで公開されています。

iPhone 8 renders point to glass back and wireless charging (updated) - Engadget

iPhone 7sはどうなるのか

Engadgetの記事には、iPhone 7/7 Plusのアップグレード版とされるiPhone 7sとiPhone 7s Plusに関する情報がまったくありません。

これまで、iPhone 8とiPhone 7s/7s Plusの3機種が今秋発表、という噂・予測が有力視されていました。今回の噂も事実なら、サイズが異なるとはいえ、4種類の新型iPhoneが同時に発表されるかもしれません。

以前にも同様の噂はありましたが、疑わしいと考えられていました。
→ Appleが「2つのiPhone 8」を今秋に発表?

今回の噂の情報源はアクセサリ業界の関係者とされていますが、新型iPhoneのアクセサリは噂を元に開発・制作されることも多いと言われています。

Engadgetも今回の情報が偽物であったり、Appleが検討していたデザインの1つであったりする可能性があると指摘しています。

参考

iPhone 8 renders point to glass back and wireless charging (updated) - Engadget