田中圭「負ける快感を味わって」に視聴者騒然『恋ヘタ』での演技がヤバい!

写真拡大

高梨臨が主演を務める、読売テレビ・日本テレビ系のドラマ『恋がヘタでも生きてます』(毎週木曜23:59〜)。4月20日放送の第3話では、高梨演じる茅ヶ崎美沙と、田中圭演じる雄島佳介との恋に新展開が訪れた。

同ドラマは、小学館「プチコミック」で連載されていた藤原晶による同名漫画が原作。恋愛ドラマならではの願望満載シーンに、人生設計やセックスにまつわる赤裸々なガールズトークを交えつつ、女性の理想と本音が入り乱れた大人が楽しめるラブコメディが描かれる。主人公のスマホゲーム会社に勤めるキャリアウーマン・茅ヶ崎美沙(高梨)をはじめ、NY帰りの天才営業マンで経営のプロ・雄島佳介(田中)、美沙のルームメイトで家事上手な清純派お嬢様の受付嬢・榎田千尋(土村芳)、美沙と同じ職場で働くライバルの橋本司(淵上泰史)といった恋に不器用な登場人物たちが、ドタバタな恋愛劇を繰り広げる。

第3話では、佳介から交際を申し込まれるが、美沙は「付き合いたいなら会社をやめてください」と条件を突きつける。そんな中、2人は取引先の社長であり佳介の元カノの遙香(野波麻帆)が主催するパーティーに行くことに。まるでデートのような雰囲気に“仕事”と言い聞かせつつも葛藤する美沙。この話を聞いた千尋から勝負下着を渡され、美沙は身につけていくべきか悩む。これには、ネット上で「めっちゃかわいい!」「高梨臨さんが勝負下着を履いていると考えると……」と興奮する視聴者の声があがる。

パーティー当日、迎えに来た佳介の車に乗り込んだ直後に、缶コーヒーを手渡される美沙。実はこの缶コーヒーは2人が出会った際に飲んでいた銘柄で、そのことを覚えてくれていたことを喜び、笑顔を見せる。ここでは、「私もその助手席に乗りたい」「こんな男性いるんですか!?」「田中圭と一緒に渋滞に巻き込まれたい」「ナイス気配り!」といったコメントが続出。

そして、いざパーティー会場につくも、遙香と親しげに接する佳介を見て胸がざわついてしまう美沙。すると、思いもよらぬ粗相をしてしまい逃げるように帰ろうとするが、佳介に引き止められる。そこで、美沙が「あなたの気持ちがわからない」と涙ながらに本音をぶつけると、佳介は「言っただろう。僕は仕事も恋愛も欲しいものは全て手に入れる。君が欲しいんだ」と告げる。美沙が「何であたしなの? こんなあたしを捕まえて何がしたいの? あたしにだってプライドがあるの」と食い下がると、佳介はそっと抱き寄せ「君は僕に勝とうとしてたんだね。それならもう勝負はついてるよ。先に恋した僕の負け」と耳元でささやき、「今度は君が負けてくれないか。負ける快感を味わって欲しい」と説得。その後、2人でお泊まりすることになるのだった。

この展開に「田中圭大好きすぎてヤバい!」「カッコよすぎて寝れない」「負けてくれないなんていわれたらホイホイ負けるわ一生勝たなくてもいいわ」「来週の予告で田中圭が半裸で突き飛ばされてる!」「田中圭のセリフと行動全てが素敵すぎて終始にやけて感動してます」といった声があがり、話題を集めていた。