彼氏に失礼だとわかっていても、つい元カレと比較しちゃう女子もいるのでは? 今回はその問題点と解決策についてお届けします。

1. そこまで好きじゃないけど、彼氏と付き合っていない?



世の中の恋愛って、その全てが美しいものではないはずです。「彼氏のことがイマイチ好きになれないけど、一応彼氏をキープしておいた方が、なにかと私にとってメリットがある」……こんな計算をしつつ付き合っている人だっていますよね。そういう計算があれば、当然のように心の中で元カレと比較しちゃうことになります。

思い切って別れるのもあり
恋愛を計算高くやるのって、別に悪いことではないと思います。どんな人の人生にだって、そこそこ計算がないときっと上手くいかないはずだからです。
でも、「彼氏に悪いなあ」と思いつつ心の中で元カレと比較しちゃうのであれば、別れてもいいように思います。理由は簡単で、比較の対象になってしまうような彼氏って、あなたにとってそれほど魅力的ではないでしょうから。

それに、彼氏を手放さないと、もっと素晴らしい未来の彼氏をゲットできません。とくに恋愛体質の女子は、“まあまあの彼氏”であってもキープしておきたいかもしれません。が、それって彼氏に失礼かもよ! ということです。

2. 彼氏のこと以前に、自分のことが好きじゃないのでは?


一般的な傾向として、自分のことが好きじゃない人って、自分の所有物を他のものと比較するクセがあるように見受けられます。簡単に言うと、どんな彼氏がいても、つい「隣の芝生が青く見えてしまう」わけです。

ではどうすればいい?
自分のことを好きになるしかないです。自分のことを好きになれば、彼氏のいいところがたくさん見えてきます。が、「自分のことを好きになりましょう」と書いて、誰もがすぐにそうなれるのであれば、誰だって苦労していないはずです。



こればかりはもう、心の中で彼氏に「ごめん!」と手を合わせつつ、ダラダラと付き合い続けてもいいのではないかと思います。とくに若い頃の恋愛って、自分のことを好きになり切れない男女がバタバタとあれこれやって、どうにか自分のことを好きになる過程にすぎなかったりもするわけです。先に書いた「世の中の恋愛全てが美しいものではない」というのはこういうことです。

男女でお互いに(ちょっとダサく)もたれあって、引き続き恋愛(のようなもの)をしていると、そのうち自分のことが好きになれることだってあります。

3. 彼氏と距離を置くべき時期かも


どうしても元カレのことが忘れられなくて彼氏と比較しちゃう人は、たとえば1カ月間彼氏と会わないとか、少し距離を置くとるといいと思います。
元カレのことが好きというのは「あの頃の彼が好き」ということで、つまりあなたの心は過去を生きているわけですよね。すでにあなたのもとを通り過ぎた幻を愛しているということです。

誰だって、ステキな恋をすれば心が過去にずっと縛られるのだろうと思います。が、今あなたの目の前にいる彼氏を大事にできないと、人生って上手くいかないようになっていると思います。

彼氏への感謝の気持ちに気づくはず


少し距離を置いてどんな思いを抱くに至ればいいのかというと、「やっぱり一人では生きていけない」という実感が身に沁みればいいわけです。
1カ月も彼氏に会わないと、心も体もどことなくさみしくなって、心に空いた穴を埋めてもらいたいと思うかもしれません。でも、どんなにさみしくても元カレはすでにあなたのもとを離れている……となれば、自然と彼氏の存在そのものに感謝するようになると思います。

こうやって、少しずつ「今、自分の目の前にあるもの、いる人」に人は感謝できるようになるのではないでしょうか。

いかがでしょうか。
人はそれぞれに素晴らしいから、どんな人に対しても「個別対応」できるようにしておくことって、すごく大切なことだし、それができれば豊かな人生になると思います。世の中、キラキラした掛け値なしの恋ばかりではないということです。
(ひとみしょう)