マツコ・デラックス

写真拡大

20日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、マツコ・デラックスが東京・自由が丘に住む人々について厳しい分析をする場面があった。

番組では「追跡!ベスト8」のコーナーで「意識が高い女性がすること」について調査した。過去の取材をもとに、意識が高い街として、自由が丘の女性にスポットをあてた。昨年11月の調査でも、朝食にシリアルを食べるなど、美や健康に対して高い意識を持った女性たちを紹介している。

今回はインタビューの結果、「フラメンコなどスタイルキープの運動を欠かさない」「オーガニックやスーパーフードにこだわる」「SNSのプロフィール写真はプロのカメラマンに依頼」「電車の席は譲る」といった答えがあがった。

そんな自由が丘での取材VTR後、スタジオではマツコが自由が丘について「あんな面倒臭い街ないって!」「普通の人が見たら、『生きづらいわ』っていうのを平気でやれる人が集まってるのよ」と厳しく分析。

ここでナジャ・グランディーバが、司会のふかわりょうを指して「そこに20年住んでいる」とイジると、ふかわは「住んじゃうとね、おかしさに気づかないんですよね」と自虐的な切り返しで、笑いを誘っていた。

【関連記事】
マツコ・デラックス 華原朋美の「T・K」をめぐるトークに困惑「この話使える?」
マツコ・デラックスが上昇志向のキャバ嬢を絶賛「上りつめたわね」
マツコ・デラックスが自由が丘の人々に驚愕「ちょっと好きになってきた」