『C、Dですと!?』(Universal Music)

写真拡大

 研修医の男らが10代の女性を酒に酔わせて、集団で性的暴行を加えたとして逮捕された事件で、男らが自分たち仲間を、人気バンド「GReeeeN(グリーン)」になぞらえて「YAReeeeN(ヤリーン)」と呼んでいたことがわかった。

「女性をナンパしてやりまくっているという話を自慢しながら、医者だと明かしにくいときは職業を弁護士とか教師だとか言って隠すと言っていた。『俺たちは女とヤリまくるから、グリーンじゃなくてヤリーン』なんて笑って言ってました」

 こう話すのは、集団準強姦容疑で逮捕された船橋中央病院の研修医、上西崇容疑者の大学時代からの知人だ。

 上西容疑者は学生時代から実質ナンパサークルといえるグループを作って日常的に合コンを開催して遊んでいたという。

 しかし、遊びで済まされないのが今回の事件。上西容疑者は昨年4〜9月の間に東京・大田区のマンションなどで10〜20代の女性ら計7人に酒を飲ませて暴行していた疑いが持たれ、すでに一部容疑については準強姦罪などで起訴されている。

 犯行は飲み会の中で「罰ゲーム」と称し、女性に多量の酒を飲ませて昏睡させる手口だったが、さらに同様の犯行がほかにもある可能性があり、警察には新たな被害報告と見られる話がいくつか届いているという。一部の犯行で共犯者として逮捕されているのは、東京慈恵会医科大学附属病院の研修医、松岡芳春容疑者(31)と、東邦大医学部6年生、柁原龍佑容疑者(25)だ。

 3人は東邦大学医学部のOBろ現役、上西容疑者と松岡容疑者が大学時代の同じサークル仲間だった。犯行の詳細は捜査や裁判の推移を見るしかないが、前出知人によると上西容疑者は「大学時代も女子大生と合コンでやりまくっている話を自慢していた一方で、やっていることがスーパーフリー(03年の早稲田大学公認サークルによる集団強姦事件)のような犯罪同然のことじゃないかというウワサがあった。社会に出ても続けていたことにビックリ」と話す。

「1年半ぐらい前、久々に会ったときにまたナンパ自慢をしていて、『週に10人とやった』とか相変わらずの軽いノリで、そのときにチーム名をヤリーンだという話をしていたんです」(同)

 バンド「GReeeeN」は歯科医である立場から、顔や姿を一切出さない覆面アーティストとして知られるが、上西容疑者も場合によっては素性を隠して女性を襲っていたのだろうか。

 一部報道では、白衣姿の写真を見せ医師であることを明かして女性の気を引き飲み会をしていたことが伝えられており、上西容疑者らの犯行は、ほかでも事件が多発している“肩書きエリート”による事件と見ることもできるが、「GReeeeN」のように素性の一部を隠すこともあったというなら、その場その場でうまく手法を変える手慣れた犯行という印象も出てくる。

 犯行の現場となったマンションは上西容疑者が借りているが、家賃17万円は医師である父親が支払っているという話だ。容疑者3人とも実家が開業医をしているというが、前出の知人は「親が開業医だと本人が無能でもなんとかなるといわれるのがこの世界。大学さえ出れば親の病院で働ける」と話す。上西容疑者はすでに5回も逮捕されているというのだが、将来への甘い見通しからくる気の緩みがあったのか、それとも根っからの悪党だったのか。

「いつもヘラヘラしていて、まったく真面目には見えなかった」というのが知人評。いずれにしても、これら容疑が事実であれば「実刑」という罰ゲームが待っている。
(片岡亮/NEWSIDER Tokyo)