「とうとう99通全てのラブレターを読み終えた」―武漢科技大学で教鞭をとる舒大凡さんは、この2日間をかけて、学生たちに出した「最もロマンチックな課題」を、ようやく添削し終えた。写真は大学生。

写真拡大

「とうとう99通全てのラブレターを読み終えた。まるで、彼らがかつて経験した、現在進行中、あるいは将来の恋愛話を私に披露しているようだった」―武漢科技大学で教鞭をとる舒大凡さんは、この2日間をかけて、学生たちに出した「最もロマンチックな課題」を、ようやく添削し終えた。武漢晩報が伝えた。

29歳になる舒さんは、「大学生のメンタルヘルス」という授業を担当している。大学1年生を対象とした3回目の講義「大学生の恋愛と性をめぐる心理」の授業を終えた時点で、「500字以上のラブレターを手書きする」という課題を学生に出した。「紙に本当の気持ちを書くようにと指示したこの課題は、学生が授業内容を理解する上で大変有益だ」と舒さんは指摘した。

物流管理学科の李さんは、ある女子学生にひそかに恋心を抱いている。彼は最初、このような課題に抵抗感を持った。「僕は黙って傍で彼女を見ていたいだけ。気持ちを打ち明けるつもりなどない」―そう思っている彼は、ラブレターの出だしをどうしても書くことができず、何度も書き直した。ついに、自分の感情を手紙に込め、涙を流した。彼は意を決し、今回のチャンスを使って意中の女子学生に告白しようと決心。美しい封筒を買いに走り、人生初のラブレターを送ったのだ。

ところが、相手の女子学生は、「遠距離」を理由に、彼の告白を遠まわしに拒否した。「僕の片思いもこれで終わりを迎えた。だが、少なくとも、勇気を出して最初の一歩を踏み出せた」と李さん。

学生たちの課題を読み終えた舒さんは、彼らの本当の気持ちに触れて深く感動した。「学生たちの恋愛経験は、現実にはそれほど多くない。50%以上が、片思い中、あるいはかつて片思いを経験していた。愛とは芸術であり、必修科目だ。学生たちが、愛を表現すること、愛を受け入れること、愛を育むこと、愛を拒むことを学んでほしい」と彼は語った。(提供/人民網日本語版・編集KM)