靴下のセーター着せられ…ハリケーンの中保護された子猫がキュートすぎる

写真拡大 (全4枚)

ハイチに壊滅的な被害を与え、米国の一部でも猛威を振るったハリケーン「マシュー」。

この時保護された子猫が、多くの人の心をキュンキュンさせている。

ノースカロライナ州中部に位置するローリーという街で、1匹の子猫が保護された。

そのニャンコがこちら。

Sarahfu/Twitter

The Telegraphが伝えるところによると、保護された子猫は、Petsmart’s Banfield Pet Hospitalに運び込まれ、新しい家族を募集していたという。

気になるのは子猫が着ている白い服。

実は靴下に穴を開け、即席で用意したセーターだそう。

Sarahfu/Twitter

Sarahfu/Twitter

たまたまペットショップを訪れた人物が、保護され、靴下のセーターを着せられた子猫を見かけてツイート。

「嵐の中保護され、小っちゃなセーターを着せられた子猫を発見」

同ツイートは瞬く間に拡散し、10万件を超える「いいね」が付き、リツイートも5万7千件以上と話題になった。

そのキュートな姿に、

「私のところに来て!」

「可愛すぎる」

「オーマイゴッド」

といった声が続出した。

ちなみにこの写真は、ある男性が子どもを連れ、猫を求めて同ショップを訪れた際、店員がくだんの子猫を連れてきた時のもの。

結局、猫はこの家族に引き取られたという。

大きな爪痕を残したハリケーンマシューにまつわる、数少ない心温まるエピソードの1つとして、複数の海外メディアでも取り上げられている。