6日、あるTwitterユーザーが投稿した祖母の主張に注目が集まっている。

このユーザーには、90歳過ぎの祖母がいるという。その祖母は、女性が被害にあう性犯罪事件をめぐり、知人と「大喧嘩」し、落ち込んでいるとか。

その知人は「11時過ぎに一人で道を歩いてたのが悪い」と被害者の非をあげつらったという。この発言にユーザーの祖母は「大激怒」。「近所の道を何時に歩こうがそこにレイプ犯さえいなければ事件は起きない、女の子に責任は一切ない」と反論した結果、「大喧嘩」に発展したようだ。

ユーザーはそんな祖母について「自慢に思います」と綴っている。このツイートは反響を呼び、8日13時の時点で1万4000件以上のリツイートと、1万1000件以上の「いいね」を集めている。

続くツイートでユーザーは祖母の発言を正確に記すとし、「誰でもいろいろな事情で色々な場所を歩く、そこでレイプ犯に遭うかどうかはただの偶然だ」「やった行為の責任はあくまで犯人にある」との祖母の主張を紹介。祖母はその上で「男には我慢できないのではなく、男には我慢できないと思って育てるから我慢しなくなるだけだ」といい、犯人の親の育て方の問題にも言及したようだ。
【関連記事】
ライブカメラマンの訴えに反響 ライブハウスでの「非常識」が「常識」に
未成年に見られる外見 「悪意を持ったまとめ」が話題「原因は顔以外にも」
北千住駅の券売機が話題 入金後に勢いよく吐き出されるSuica