再雇用シニアが職場でうまくやるための金言とは(イメージ)

写真拡大

 60歳定年から65歳定年へと時代は移り、かつての職場から再雇用される例も増えている。しかしながら、現役バリバリだった時代と同じような態度でいては単なる「老害」扱いをされ、煙たがられることもある。せっかく60歳を過ぎても働けるのであれば、より快適に働きたいものである。
 
 再雇用先でうまくやっていくにはどうすればいいのか。人事ジャーナリストの溝上憲文氏はいう。

「昔取った杵柄で、余計なことをしたくなりがちですが、それが墓穴を掘る原因になる。相手に相談されるまでは、口を出すのは控えること。そして相談されたことに対して意見をいうのはいいが、自分から説教じみた話は絶対にしない。

 また、飲み会には一切顔を出さないほうがいいですね。飲むとつい余計なことを口にしてしまうので。いまの職場にいたいなら、口数を少なくし、定時に帰る時には『お先に失礼します』ということ。こちらから少し距離を置くくらいのほうが精神的にも安定するのです」

 その点、大手不動産会社に再雇用された61歳男性は、新しい職場でうまくいっているケースといえる。

「親会社の系列の派遣会社で働いています。自分は部下に対して偉そうに指導するタイプじゃなかったし、いまは派遣の立場だから『なんでもやります』という感じ(笑い)。だから、他の社員との軋轢は感じません。

 変に若い社員とうまくやろうと思うから失敗する。楽な仕事をさせてもらって、安くなったとはいえ給料が貰えるんだから、ありがたいと思っていますよ」

 こうした一歩下がった姿勢に加え、職場での「言葉づかい」も極めて重要だ。経営人事コンサルタントの中村卓夫氏がいう。

「よく目にするのが、言葉が直らないケースです。頭の中ではわかっていても、相変わらず上司口調というか説教口調になってしまう。自分が上司だった時の癖で、つい出てしまうのが『お前』という言葉。いまでは先進的な企業はみな、社内は上も下も『○○さん』と『さん』付けで呼ぶのが当たり前ですからね。

 新入社員にも『さん』付けで呼ぶくらいでないとダメです。『です』『ます』と丁寧語を使っても、口調が高圧的になっていたり、お辞儀も45度傾けるべきところを30度までしか傾けないこともある。再雇用される時には自分が気持ちをすっかり変えなければいけません」

 元銀行マンで別会社に再就職した68歳男性は、再雇用された先輩からこんなアドバイスを受けたという。

「“お・い・あ・く・ま(おい悪魔)”という合い言葉です。“お”は怒るな、“い”は威張るな、“あ”は焦るな、“く”は腐るな、“ま”は負けるな。過去の栄光にとらわれず、頭を低くしてやれということですね」

 再雇用の人にとって、まさに金言といえそうだ。最後に溝上氏がいう。

「再雇用で働く場合、これまでの延長ではなく、新しい会社で一から始めるというくらいの切り換えが必要です。その上で、仕事は仕事、遊びは遊びというように、プライベートな部分を充実させることも大事。

 与えられた仕事を着実にこなしつつ、満足できない部分を趣味やプライベートな時間に割いて、そちらに生きがいを見つけるように切り換える。『俺はまだまだ頑張れる』なんて決して思わないことです」

 いうまでもなく、再雇用期間が終わった後も人生は続く。再雇用期間は「老後を充実させるための準備期間」と思うくらいがちょうどいいのかもしれない。

※週刊ポスト2016年8月5日号