ニコ動名作「ケツタネット」が再注目 初見で茶吹く人続出

写真拡大

ニコニコ動画に5年前投稿された動画が、ここ最近再注目されていました。それはなんと「ケツタネット」。

呼び名の通りカスタネットを尻にはさんでカチカチ打ち鳴らす演奏技法。やることで大臀筋が鍛えられるとも言われており、筋トレもかねることができるんだとか?嘘か本当かはわかりませんが……。

【関連:『ドラえもん』の秘密道具「たずね人ステッキ」を現代技術で再現】


ケツでカスタネットを叩いてみたPart2_02

オリジナルは2010年に投稿された「ケツでカスタネットを叩いてみたPart2」。THE BLUE HEARTSのリンダリンダにのせて、ケツに挟んだカスタネットをカチカチ打ち鳴らすというなかなか爆笑を誘うもので、現在までに118万再生視聴されています。

そして今回話題になっていたのは、そこから派生したMDAと呼ばれる作品。2011年に投稿された「【MAD】U.N.オーエンはケツなのか?【ケツタネット】」。オリジナルよりも倍速になっており、スピーディーなケツタネットが見る者の笑いを一層誘います。 ちなみにこの作品は、5年前のものにも関わらず一時「演奏してみたランキング」の1位にまで上り詰めていました。

ケツでカチカチならすケツタネット。しばらく昔の作品のため初めて見る人も多かったらしく、ネットには茶吹く人が続出。今更ながら大人気になっていました。

▼親作品

▼最近話題になったMAD

※画像は親作品「ケツでカスタネットを叩いてみたPart2」のスクリーンショットです。