安倍晋三内閣に対する不信任決議案 自民、公明両党などの反対多数で否決

ざっくり言うと

  • 衆院は31日の本会議で、安倍晋三内閣に対する不信任決議案を否決した
  • 賛成は124票、反対は345票で、自民や公明、おおさか維新の会などの反対多数
  • 民進党の岡田克也代表は「即刻退陣すべきだ」と批判していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング