引っ越しを簡単にする「モジュラー」デザイン家具

写真拡大

家具を組み立てるのと同じくらい、家具の解体は骨の折れる作業だ。5年連続の引っ越しを経験したサム・ライリーは、工具を使わずに組み立て・解体することができ、自由にカスタマイズもできるモジュラー式家具をつくりだした。

SLIDE SHOW 「引っ越しを簡単にする「モジュラー」デザイン家具」の写真・リンク付きの記事はこちら
02

2/5ベニヤ板でできた有孔ボードと、蝶番や張り出し棚、取っ手といったパーツを組み合わせて家具をつくる。
PHOTOGRAPH COURTESY OF CRISSCROSS FURNITURE

03

3/5すべての部品が穴にピッタリ収まり、工具を使わずにロックナットで固定することができる。
PHOTOGRAPH COURTESY OF CRISSCROSS FURNITURE

04

4/5机として使うときは、書くときに穴が邪魔にならないよう平板を上からかぶせる。
PHOTOGRAPH COURTESY OF CRISSCROSS FURNITURE

05

5/5ボードの色は、ナチュラル、黒、グレー、赤の4色で、サイズも約10インチ(およそ25cm)から6フィート(およそ180cm)近いものまで9種類ある。
PHOTOGRAPH COURTESY OF CRISSCROSS FURNITURE

Prev Next

イケアの上を行こうと、多くのデザイナーが独自の組み立て式家具を考案してきた。安価なものや組み立てが簡単なもの、あるいは工具を使うのに慣れた者であれば自分でつくれる家具もある。

しかし、そのどれも根本的な事実に気がついていない。引越しのとき、家具をA地点からB地点まで移動させることが、いまだに大変な作業だということに。

英ファルマス大学を卒業したばかりのサム・ライリーは、大学時代に、頻繁に引っ越をする人のための家具を一式デザインした。彼が「Crisscross」と呼ぶこの家具もまた組み立て式ではあるが、これはモジュラー式の家具である。

5年間立て続けに引っ越しをした経験から生まれた彼のアイデア。その中心にあるのは、カバノキのベニヤ板でできた有孔ボードだ。ボードの色は、ナチュラル、黒、グレー、赤の4色で、サイズは約10インチから長さ6フィート近いものまで9種類ある。

RELATED

それぞれのボードには48mm間隔で穴が開いており、互いの穴を塞ぐことなく合わさるようデザインされている。蝶番、張り出し棚受け、足や取っ手といったすべての部品が穴にピッタリ収まり、ロックナットで固定することができるので、工具は不要だ。

ライリーは、自分の組み立て式家具は、ほかの家具が失敗したところで成功したのだと言う。「組み立てたあとのプロセスのことを、誰もちゃんと考えていなかった」からだ。家具の解体は、家具を組み立てるのと同じくらい大事なことである。

さらに、モジュール式という彼のアプローチのおかげで、家具をカスタマイズすることできる。それぞれの部品がおもちゃのブロックのように機能し、うまく組みあわせて、あっという間に新しいものをつくることができるのだ。マイナス面はやはり、美しさに制限があることである。有孔ボードの作業場的な見た目は、避けては通れない。

ライリーは、机やサイドテーブル、戸棚、 洋服タンスをつくるCrisscrossのキットを、Kickstarterでローンチした(EU以外への輸送料は恐ろしく高いので、ライリーは設計図も提供している)。彼はパネルと部品のDIYキットも用意しているので、ほぼあらゆるものをつくり出すことができる。「わたしたちがまだ考えていなかったようなものを、いろいろとつくってもらえればと思っています」と彼は言う。

06