23日、群馬県館林にあるいちご狩り農園「多々良フレッシュファーム」の公式Twitterアカウントが、一部参加者のマナーの悪さを報告し、反響を呼んでいる。

「多々良フレッシュファーム」はこの日、「お知らせ」と題した投稿で、営業終了後に撮影したゴミ箱の中の様子を公開した。ゴミ箱はいちごのヘタを捨てるためのものだが、写真には少しかじっただけで、食べられる部分が多く残るいちごが山積みになっていることが確認できる。同アカウントによると同日だけではないようで「最近こういった食べ方をなさるお客様が目立っております」とし、「お店側としてはとても悲しいです」と心境を綴っている。
このツイートが、24日12時の時点で3万2000件以上のリツイートと、7000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。

同アカウントは同園のいちごについて、1年かけて一生懸命育てたものだと説明し、「こんなに沢山食べられる部分のある苺を捨てられてしまうのは本当に悲しいです」とあらためて訴え、「いくらあっても苺が足りなくなってしまいます」と営業にも支障が出る可能性を示唆し、「この様な事態が続きますと今後苺狩りを停止も考えざるを得なくなってしまいます」との懸念を表明。

「みなさまどうか苺を最後まで食べて頂けると幸いです」と、理解を求めている。

【関連記事】
「すしざんまい」木村清社長がソマリアの海賊を壊滅…逸話のツイートが話題
新潮社公式Twitterがベッキー不倫報道の「センテンス スプリング」に対抗か
田村淳が疑惑のベッキーに謝罪要求か「辛い思いをした奥さんには謝るべき」